アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ビルドアップ日曜日★アフタヌーンッ!

今朝は、久々に一人で教会のミサに出て、

家族のぶんも、アグレッシブに祈って、黙想してきたぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップヘルパー、食らってチョンマゲ~!


モーニングとかけて、録画したつもりの番組が間違えていた時ととく、その心は、朝食(超~ショック)ッ!ナンチャッテ~!

只今午後1時、近所の公園で、1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、雨のち曇りッ~!

いや~、今朝は、娘の塾のイベントに、娘と息子が参加するという事で、集合場所まで、

子供達を送り、その足で、教会のミサに突入した。

たまたま、嫁さんは、今日、仕事の為、久々の一人でのミサだった。

こういう場合は、家族のぶんも祈る事になるから、いつもより、祈りに時間がかかったのだが、

瞬間的に、面倒臭いと思っても、俺が逆の時は、祈って貰っていたわけだし、

これからも祈って貰う事もあるだろうから、役割を持ち回っているような感覚で、

神様の計画に賛同できた。


昨日の教会の掃除も、珍しく、人が少なく、瞬間的に、この人数で、こんなに広い場所を掃除するのかよ~とも思ったが、

これもヤッパリ、今日のミサの祈りのような感覚を持てた。


ミサも、掃除も、完璧にやらなければならないみたいな感覚にあると、

休む人や、来ない人を許せないのだと思う。

そして、正当な理由があっても、休まざる得ない自分を、なんかサボっているみたいに、

受け入れられなくしてしまう。(本当にサボっちゃうのはマズいけど。。笑)


俺にとって、毎日、完璧に出来て、完璧にやらなくてはならない事というのは、

瞬間的に嫌だなあとか、面倒くせえなあと思っても、

今日一日のステップを実践する事で、今日一日、酒など、不健全で分不相応なもので

自分を安定させない事位しかない。。


ステップに生きるまでは、そんな超~簡単なステップの実践をおろそかにして、

どうでもいい事ばかりを完璧にやろうとしていたと思う。


あるAAの経験を綴った書籍に、【だが、もめごとがやってきた時は、それを神がここにいる事を証明する好機として、喜んで利用しよう。

~ 随分長い間私は、神とは罰を与えるものだと思っており、私の不幸を神のせいにしていた。】と、書いてあったが、

何も神様の意志や、神様の意図は、いつも自分が喜べるものばかりとは限らない。。

例えば、毎日、毎日、仕事なんかしたくもないと思う事は、瞬間的にはよくある事だ。

仕事も、家庭の事もしないで、仲間の中で偉そうに、ステップだけを手渡していたほうが楽だと思う時もある。


それはそれで大変なのかもしれないが、正直、ステップの効果が試せないぶん、面白くないと思う。

俺は、過去の生き方の中で、世の中の健康的な人達までも恨んで生きていた。

アイツ等が間違っていて、俺が正しいと。。


だがら、働く必要があるのなら、それは神様の意志だと受け取り、

本当に自分に8-9のステップが効いているのかを確かめる意味でも、

自分がナンバーワンになるのではなく、人と一緒にナンバーワンを目指す責任が

俺にはあると思っている。


どんなに自分にとって嫌なものであっても、

それが神様の意志であれば、絶対やらなければならない。


ただ、ステップを生き方として捉えて実践していれば、

どんなに嫌な事でも、それが神様の意志であれば、

必ず賛同して従っていける力が与えられる。


それも本当のハイヤーパワーだと思う。

痛みのない人生なんか、人生じゃない。。世の中、不必要な痛みもあれば、必要な痛みもある。

必要な痛みとは、神様が与えている罰ではないのだ!

単に痛みを罰だと思うと、人は綺麗ごとしか言わなくなる。かつての俺のように。。

だが、神様のお与えになる痛みは、一生懸命、俺に誤りを気が付かせてあげようとか、

育ててあげようとかという愛以外のなにものでもない。


その愛は、俺の命を守る為の愛であるから、その痛みは半端でないのだ。。

ステップを本当に生きる段階になると、

バンバン神様は、超えられるギリギリの痛みをお与えになり、

過ちに気が付かせてくれ、更に鍛え、育ててくれる。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する