アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スタッフド金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、

貴重なスピーカーを食らって、更に目覚めたぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップチューリップ、食らってチョンマゲ~!


救急車とかけて、石油ととく、その心は、どちらも、タンカーで運びまッす~!ナンチャッテ~!

只今7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、快晴ッ~!

いや~、昨夜は、ホームGのミーティングに、イングリッシュGの仲間を招き、

ステップ4について、スピーカーをして貰った。

この仲間には、ビッグブックのやり方によるステップ1から12までを、

月に1度のペースで、スピーカーという形で、メッセージして貰っている。

今回も非常に貴重な経験を聞け、改めて考えさせられた事があった。

ステップ4のやり方の定番である縦書きが、何故縦書きなのかや、

対象と理由と傷つけられたものと誤りの本質(責任)で構成される4つのコラムの説明など、

基本的な事に重点をおいて、伝えて貰った。


スピーカーを聞いている途中で、

4番目のコラムのみ、その一つ、一つの正反対に神様の恵み、神様の遺産があり、

その神様の恵みや遺産が正確に見え、それに同意できると、

傷付けられた部分が癒え、恨みや恐れの感情が薄れていくような感覚を感じた。


寛容、正直さ、思いやり、忍耐などは、俺が産まれた時から、俺の中にあったのだ。。

ただ、病気だったが為に、それを封じ込めていて、神様の望むような形では使えていなかった。。

それを更に明確にし、ケアして、神様の望むような使い方を常にやっていく為には、

ステップ4以降のステップの正しい実践が必須となるだろう。。


あるAAの経験を綴った書籍に、【深い恨みを抱いて過ごす人生には、

空しさ、不幸以外には、行き着くところがないのは目に見えている。

・・・霊的経験の深まりと成長とにただ一つの希望をつないでいるアルコホーリクにとって、

この恨みの感情は、重大な危機をはらんでいる。

~  神を知り   平和を知る   神なくしては    平和もない 】と、書いてあった。

ビッグブックのやり方によるステップを日常的に実践するようになるまでは、

過去から現在にさかのぼり、

その人を思い出したり、その人と一緒にいることを想像するだけで、

何とも言えない苦痛をともなう人が何人かいた。。


本当に、本当に、殺したい位に憎んでいた。

そんな奴らに、埋め合わせをするなんか想像もしていなかったし、

そんな奴らには、生きている価値なんかないと心底思っていた。


だが、最終的に、その人達全てに直接的埋め合わせをやった。

やった後に、本当は、本当は、その人達に直接的埋め合わせをしなければならなかった事がよくわかった。

最初からそうではなかったにせよ、

その人達の悪意や悪事を巧みに働きかけていたのは、まさしく俺だったし、

悪意や悪事でないにしても被害妄想が強く、相手を勝手に悪者にしていた。


昨日のスピーカーの仲間も話していたし、ビッグブックにもシッカリ書いてあるが、

そんな事を気が付かせてくれるきっかけになったのが、

深い恨みを抱いた時に捧げる祈りだったような気がする。


この祈りのスタンスを知り、この祈りのスタンスに協調したからこそ、

この後に続くステップの実践へのモチベーションを持てたのだと信じて疑わない。


これは俺にとって、

[神を知り   平和を知る   神なくしては   平和もない]

という事だったと思う。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する