アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーレイン土曜日★アフタヌーンッ!東京シティは、雨だらけ~!

そこで一発、ピチピチ、チャプチャプ、ランランの爆笑★ステップ雨宿りッ~、食らってチョンマゲ~!

今日の天気とかけて、調子のいいピッチャーと対決するバッターととく、その心は、雨天ッ(打てんッ)~!ナンチャッテ~!

只今午後1時、自宅仕事部屋にて、1時間すり足プチマラソン中~!本日の●●●は、快雨ッ~!

いや~、今朝は、2ヶ月に1度の自宅マンションの理事会に出てきた。

その理事会の話し合いの中で、マンションの居住者の中から、防火管理者を1名選出しなくてはならないという議案が出され、

何となく、聞き覚えのある言葉だなあと、フと思い起こしてみた。。

そしたら、何年か前に、職場で、その資格を取った事を思い出した。

資格といっても、ただ講習に1日いけば取れてしまうもので、全然難しくもない。。

確かその時、職場で誰もやってくれる人がいなく、

社長にそんな事をやらせるわけにはいかないと、俺が引き受けた。。

今回、たまたま理事会でそんな話を聞いて、たまたま俺がその資格を持っている事を、

その場にいる人達に伝え、マンションの防火管理者を引き受ける事にした。

現在・過去・未来、今の自分にとって、できることで必要な、人の助けになろうという行動は、

いい意味で、意外な形で展開をもたらし、段階を踏んで、進化のチャンスにつながる。。


だが、誠心誠意の人の助けになろうという行動からブレてしまうと、

自分であらゆる事をコントロールしない限り、何の広がりももたらさない。。


かつて飲んでいなくとも、ステップに生きるようになる以前は、

俺も頭をコネくり回し、そんな事を結構していて、エラく疲れた。。


これもステップをやり続けていなければ、わからせて貰えなかった事だ。

あるAAの経験を綴った書籍に、【飲酒の最終段階に入ると、抵抗する意志も消え失せました。

しかし、完璧な敗北を認め、AAの原理を使おうという心の準備が完全にできると、

強迫観念は消え去っていき、私たちは自分で理解する神のもとでの自由という新しい次元に入っていきます。】と、書いてあった。

AAにつながり、もう酒は飲めないと完全な敗北を認めた時も、

酒を飲まなくなってから、生き方に底をつき、完全な敗北を認めた時も、

目の前に解決があったお陰で助かった。


その解決があるという現実に目覚めた時、

酒や、それ以外の分不相応な不健全な事で自分を安定させようという強迫観念から解放され、

ミーティングに積極的に出たり、ステップを積極的に正しくやろうという意欲が与えられた。


ムカつく位に、そんな俺にとっての適材適所的な解決を見せつけてくれた仲間達に感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する