アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ファンキーポジティブ金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、約3分位シャウトして、スッキリしたぜェェ~!

そこで一発、爆転★ステップアクロバット、食らってチョンマゲ~!

電話とかけて、醤油ととく、その心は、どちらも、かける為にありまッす~~!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!

本日の●●●&●●●は、スーパーウルトラ快晴ッ~!東京シティは、ようやく、暖かくなってきたぜェェ~!

いや~、昨夜は、仲間のステップ8のリストを確認させて貰ってから、ホームGのミーティングに突入した。

前半の10分位、ビジネスミーティングだったのにも関わらず、いつものごとく、沢山の仲間達が集まってくれて、力を貰った。

お題目は、勇気だった。

ミーティングが終わった後、前へ出る勇気も、そこで止まる勇気も、後ろに下がる勇気も、

仲間から力を貰い、ステップを実践し続ける事で、

小さな祈りにあるような、見分ける賢さとして、神様から受け取らして貰えるのだなあと実感した。


ここ数年、職場のフロアに、ゴミが落ちていると、率先して拾うようにしている。

最初は意識的に、なるべく誰も見ていないところでそれをしようと心掛けて始めた。

それを継続していく事とリンクして、6-7のステップが深まっていく事をある時から感じるようになった。

やり始めの頃は、それまでゴミなんか拾った事なんか殆どなかったから、

ゴミが落ちていても、なんとも思わないのが、俺の中で当たり前だった。


だが、意識してやり始めて、1年位したら、ゴミが落ちているのを見つけて、拾わないでいると、

何故か胸が痛くなるようになり、拾うとスッーとして平静でいられるような俺になっていた。


そんな変化に対して、何となく、そんな風に変えたとか、変えられたとは、不思議と思えないのだ。。

それは何故だか、俺にも、よくわからない。。


ただ、ゴミが落ちていて、ゴミを拾おうという思いは、

本当は、俺が生まれた時から俺にあって、

何かが邪魔して、そんな思いを眠らせたままにしていたとしか思えないのだ。。


過去はせいぜい、人の見ている時だけ、見せかけの善人を装って、

ゴミだけに限らず、善意の押し付けをやっていたような気がする。


それが不正直だったとは、ステップを正しく実践し、

神との健全な関係が築き上げられるまでは、わからなかった。。


あるAAの経験を綴った書籍に、【私は完全さを要求されているわけではない!

私はこれまでもたくさんの間違いをしてきたし、これからもするだろう。

それらの間違いに正直になれば、それを受け入れることができるようになり、

そして自分自身のことも、私とはいろいろな点で違う人たちのことも受け入れられるようになる。】と、書いてあった。

アルコホーリクは、全体的に完全主義者が多く、

その完全と自分とを見比べて、惨めになったり、不安になったりするパターンが多いと思う。


だから、不正直という性格上の欠点が暴走しやすいのだろう。。

そんな共通する完全性が、どうやって作られてきたかは、

一人、一人の生まれ育ってきた環境をたどっていかなければ、わからせて貰えないと思う。。

そこまで厳密に自分に正直になっていかないと、

自分の病的な完全性は、飲み出してから作られたみたいに、

大きく現実をねじ曲げて、錯覚してしまいやすい。


自分にも、人にも、完全性を要求するという事は、

どこかで自分が誰かに、完全性を要求されたか、要求されたと勘違いしたという事だと思う。


そこへ目を向けていく事が、ステップでは、ハッキリと提案している。

ビッグブックをよく読めば、決定的な事が、ハッキリと書いてある。


それは、完全性が正義だと勘違いしていた俺にとっては、スーパーハイパーなサプライズだった。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する