俺はもうこれ以上、仲間を見殺しにする事はできない

グッド★一週間振りの土曜日★イープニング~!

寒気極まる●●原の或る公園から、汗かき、メール書き、実況生放送オンエアッ!

今日も挨拶代わりの爆笑ステップフィーバー食らってチョンマゲ~!

日本の社会とかけて、すこぶる不器用なヒトの作品ととく、その心は、高齢化~!(これ、絵ェか~?)

只今午後9時、近所の公園で1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、今朝は、2ヶ月に1度の、所属教会の掃除に行ってきた。

教会も、AAと同じで、ただミサに出ているのと、ミサに出ながら、教会の活動に参加しているのとでは、全然違う。。

俺は~と思うより、俺達は~と思うほうが、一体感や、心強さや、安心感を持てる。

それは、集団の中で生きている以上、何事にもあてはまる、当たり前の事かもしれないが、

俺の場合は、AAの中で、仲間と一緒にプログラムをやっていくという、本来のフェローシップを経験していなければ、

理解もできなければ、感じる事もできなかったような気がする。


あるAAの経験を綴った書籍に、【一にも行動、二にも行動。「行動のない信仰は死」なのだ。

~ 役に立つ事が、私たちの唯一の目的なのだ。

~ サービスが回復にとって重要だということはわかっているのだが、それでも迷うことがある。

「私に何ができるだろう?」と。ただ簡単に、いま自分にあるものから始めればいい。

周囲を見まわして何かが必要か見ていく。灰皿が吸い殻の山ではないか。だとしたら、吸い殻を捨てに行く手と足が私にはある。

すると、そう、私も関わりを持っていく。たとえば、最高のスピーカーをする人がいれるコーヒーが最低だということもある。

初めて来た人に対する応対が素晴らしいメンバーが、読む書きは苦手だということもある。

整理整頓の得意な人が会計の計算となるとからっきし駄目な場合もある。

それでも、どの人も、どの仕事も、活動をしていくグループにはなくてはならないものである。

自分にあるものを使っていく時、自分で考えたいたよりはるかに多くものが自分に備わっている事に気付いていく。

これがサービスの奇跡である。】と、書いてあったが、

俺の知る限り、AAの提案通り、ステップ8-9を完結した後すぐに、

ステップ10-11を毎日やり続けていく中で初めて、AAでいう行動の信仰というものが見えてくる。


少なくとも、そこまで正しくステップをやってこなければ、決して感じさせて貰えなかった何かが、自身を支配するようになる。

まあ、以前は、そこまで来ていなくても、神様、仏様といって、信仰を持っていたのかもしれないが、

残念ながら、そういう信仰とは次元の違うものだというのは、実際にやってみて、やり続けてきて、改めて強く感じる。


ビッグブックや、今日を新たにに書いてある世界中の仲間達の経験を読んで、日々の自身のステップを欠かさずやっている中で、

本来は、霊的目覚めなしに、本当のメッセージはできないし、グループの役割など、サービスをやる事もかなり無理があると思う。


たとえば、今日の今日を新たににを読み通してみて、ある程度ステップに精通している仲間であれば、

ステップ12の段階でようやく、サービスやグループの役割などができる状態になれるのだと解釈できると思う。


残念ながら、日本のAAは、各個人の霊的目覚めによる偉大な力を呼び込む事よりも、単にサービスを急いでしまった。。

その結果、メンバー数は、ここ数年変わらない。

確かに不可抗力な面もあっただろうが、

最大の問題は、12のステップが、個人から個人へのベースでキチンと手渡されていない事だろう。。


それは、俺にも責任があると思っている。

ステップに限っては、不得意だなんていう事では、絶対済まされないのだ。。

そこに自身の、多くの仲間達の命がかかっている。


俺はもうこれ以上、仲間を見殺しにする事はできない。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立