ヤングも、ビッグブックも、やりたくなかったんだ!!

グッド★全国的に水曜日★モ~ニング~!

噂の店、チラシによると、あっちらしいなあ~!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、曇りッ~!

いや~、今朝、通勤途中の新宿駅前を通りがかったら、まだ、午前7時前なのに、号外を配っていて賑わっていた。

号外のお題目は、アメリカの第44代大統領にオバマ氏が就任し、大統領就任式の模様などが書かれていた。

オバマ氏、俺よりプチ年上で、ほぼ同年代、家族構成も、子供の年齢など、ほぼ同じ。。

まあ、政治については、伝統にあるように、AAメンバーとして、外部に意見を持てない。

だが、俺と同年代の人で、神様からドデカい責任を託される人も、世の中には居るのだという現実に、大きな希望と勇気を貰った。

それはまるで、約20数年前、日本のAAで初めてヤングミーティングを何人かの仲間と一緒に始め、

いろんな障害や、不理解などの苦労を経て、そこで助かって、回復していった若い同年代の仲間達の姿を見たような感じに似ている。

ヤングミーティングも、最初の2、3年は、なかなか仲間が寄り付かないミーティングだったが、

僅かではあったが、スポンサーを始め、気のいい、レギュラーメンバー達の影の助けのお陰もあって、今も、全国に残っている。

俺にとっては、いつも逃げたかったヤングの活動を、10年やり続けた事は、今の俺を確実に助けてくれている。

特に、本場アメリカのAAヤングを、そのアメリカへ行って、目で見てなど、ライブに感じるまでは、ヤングが嫌で、嫌で、しょうがなかった。

なんかあそこへ行くと、後ろ指さされるとか、子供のAAをやっていると思われるとか、勝手に妄想し、雑音に流され、

早く、他の仲間達みたいに、スポンサーから、ヤングに行くな~と言って欲しかった。。


だが、スポンサーの提案は、現役の10年間は、休まずミーティングに出て、卒業してからも、

現役のヤングの仲間達のモチベーションや、発展に影響のない範囲で、

側面から支えていきなさいという事だった。


そして、その提案を泣く泣く守ったお陰で、

俺にビッグブックのステップを一緒にやる形で手渡してくれた仲間達と、そのヤングミーティングで出会う事ができた。


ただ一つ、今言える事は、俺がヤングミーティングをやっていなければ、

きっと、ビッグブックのやり方によるステップを手渡される形で真剣にやろうとはしなかっただろう。。


そこに同年代という、なんだかよくわからない、確かなものを感じる。

しかし、しつこいようだが、ヤングは嫌だった。。

あれには、自我がスーパーウルトラ収縮されたぜ!

結局、現役後半には、好きになり、今は、うらやましい。でも、悔いはないけどね。
 (笑) 


あるAAの経験を綴った書籍に、【AAに継続して参加していると、話をする機会が数多く与えられる。

だから神に対し、私の考えや言葉がこのプログラムにふさわしい真実を表すものであるように見守って下さいと、何度も祈る。

また、神の導きをあおぐ熱意を再び持たせて下さるよう、そして、私が心から思いやりや愛情をもち、人の役に立ち、いやされ、

いつも謙虚さにあふれ、傲慢から解放されますようにと神に願っている。】と、書いてあったが、

ヤングの活動にせよ、ビッグブックのやり方によるステップの実践にせよ、俺にとって始めは、100%意にそぐわないものだった。

先日のスピーカーでも話したが、ビッグブックなんかクソだと真剣に思っていたからな。。

手渡されたなんかいう仲間達に対しては、正直、むしずが走った。。


だが、スポンサーや、仲間達の提案を通して、神様の意志に従ってみて、

食わず嫌いの恐れの原因が何であったか、ハッキリわかった。

そんな真実を伝えていく事も、俺にとっては、大きな責任であり、

自身を知る為の大きな助けになると確信している。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立