一歩下がる事も勇気なんだ!!

グッド★スーパー火曜日★モーニング~!

逆転裁判とかけて、千両箱ととく、その心は、証人(商人)が鍵を握っていまッす~!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、快晴ッ~!

いや~、昨日は、約1週間ぶりに職場へ突入した。

まあ、世の中は、不景気で、うちの職場も大なり小なり、例外ではない。

派遣社員が丁度いいタイミングで、昨年暮れにご懐妊という事で退職して、その代わりを募集できるような状況でもないしな。。

だが、一歩一歩進んでいく範囲の解決はあるし、特に悲観はしていない。

俺の仕事の結果や、俺の会社の仕事の結果が、自分が生きて、他を生かせる範囲で、

少しでも、世の中の景気回復の活性化につながればと、微力ながらファイトしていこうと思う。

勿論、利益も大切だが、それ以上の幸せを叩き売っていきたいものだ。


あるAAの経験を綴った書籍に、【徹底的な敗北を経験したからこそ、解放と強さへ向かう第一歩が踏み出せたことが分かってくる。】と、書いてあった。

中学3年の時、親父が経営していた薬屋が倒産し、一家で夜逃げをした。

親父は既に、姿を消していて、数ヶ月経って、夜逃げ先に戻ってきた。

俺は、夜逃げした後も、倒産という現実が受け入れられなく、1度だけ、元々住んでいた家をこっそり見に行った。

そうしたら、薬の仕入先のある顔見知りの人に見つかってしまい、今、どこにいるんだと聞かれて、逃げてしまった。

その時、その側にいた人達が、

「もっと早く店をたたむか、何かしらの手を打っておけば、こんな事にならずに済んだのになあ。。」

と会話をしていて、何故かそのフレーズが今でも忘れられない。。

まあ、アルコホーリクであった親父が、それを出来なかった事、今は凄く理解できるが、

それ以上に、俺に対する教訓というか、神様からの何かしらの意図を強く感じる。


忘れちゃいけない事だから、俺が前向きにステップをやっている限り、記憶としてお残しになって下さっているのだろう。。

ステップをやらなくなれば、自動的に、忘れてしまうだろう。。

やっぱ、負けは負け(間違いは間違い)と認めて、完全降伏する事は惨めでなく、勇気であり、始まりである事、

酒で始まり、酒だけでは終わらないAAプログラムから教えて貰ったような気がする。


一歩前へ進むのも勇気だが、適材適所の範囲で、一歩下がるのも勇気だと強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立