突然ながら、ジプシー★ダイアリー!

神社1


グッド★A HAPPY NEW YEAR 木曜日★イーブニング~!

みなさ~んッ、新年明けましておめでとうございます~!今年もヨロスクッお願いしまッす~!

さ~て、景気づけに一発、初笑いスーパーハイテンショナル爆笑★ステップワークいきまッせェェ~!

大晦日、正月とかけて、贈り物の包みととく、その心は、暮れたら(くれたら)すぐに、明け(開け)まッす~!ヒョ~~~!ナンチャッテ~!アッハッハッハッハッ!

『今日のは、正直、いまいちやったと思うわッ!』

ギャ~~~オッ!しか~し、ボスッ、自分の側の掃除に徹しまッす~~!イェ~~イッ!

只今午後8時、近所の公園で、1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、快晴ッ~!

いや~、今朝は、一家で、教会の初詣ミサに参加した。

今年も、家族揃って、健康に、新年を迎える事ができ、スーパーチョベリグ感謝だ!

今日のミサで、神父様が、今年1年を通して起こりうる境遇の全て、

神様からの使命だと受け止め、神様の御心をキチンと行っていけるようにと、メッセージを貰った。

まあ、俺の場合は、カトリックの信者である以前に、アルコホーリクであるわけだから、

どんな事があろうとも、常に12のステップに忠実に生きる事で、喜びや感謝を満喫して、仲間と分かち合ってゆきたいと思っている。


今年は、暗は暗として正直に受け入れ、ステップの適材適所の実践を通して、

神様の力を呼び込み、その力によって明に変えられたというような実経験を、積み重ねてゆきたいものだ。


あるAAの経験を綴った書籍に、【いま、私達の人生の中心にあるのは、創造主である神が奇跡としか言いようのない方法で私たちの中に入ってきたという、確かな真実である。

自分たちでは決してできなかった事を、私たちの為に神がやってくれているという確かな真実である。

~神を信じ、頼みとすることを身をもって学ぶのは、とても一人ではできないことだった。

いま私は奇跡が信じられる。私が奇跡なのだから。】と、書いてあっが、

この部分、ビッグブックの第二章に書いてあり、その前の部分に、

【偉大な事実とはこれだけである。他にない。つまり私達は一人一人が深い魂の奥底にひびく体験をした。

そのことで、人生、友人、そして神の宇宙への私たちの態度に画期的な変化がもたらされた。】とも書いてある。

単に第二章のこの部分を読んだだけでは、訳の分からん文章でしかないだろう。

何故日本の多くのAAメンバーがビッグブックを毛嫌いするかのヒントが、そんな部分に分かり易く隠されている。

何故、神様や、ハイヤーパワーや、霊的目覚めなどに多くの仲間が反発するのだろうか。。?

もしくは、口では認めていても、なかなか、ビッグブックに書いてある通りにやろうとしないのは何故だろうか。。?


あくまでも俺自身の経験だが、それは単にわかっていないか、

わかっていないのに、わかったつもりになっているかのどちらかが原因しているような気がする。


よくビギナーの仲間には、ビッグブックのマーカー部の分かち合いを通して、

神様、ハイヤーパワー、霊的目覚めなんていうのは、俺達の力だけじゃあ絶対にわからないんだよと言っている。


オチとしては、ビッグブックに書いてある通りに、ステップ1からステップ12までを理解し、完全に経験しなければ、

神様も、ハイヤーパワーも、霊的目覚めも、感じさせて貰えなければ、わからせても貰えないんだよと。。


病気の本質として、実行する前に結果を欲しがるという渇望現象が、

そんな当たり前の信仰以前の礼儀を阻止している。


だが、そんな病的なスタンスも、ビッグブックに書いてあるようなやり方でステップを順番通りにやっていけば、いつのまにか消えてなくなり、

それと引き換えに、神様や、ハイヤーパワーや、霊的目覚めが勝手にくる。


やれば、勝手に、絶対に、どんな仲間にも、くるんだ!

だから、奇跡であり、人間業を超えた力という信仰が成り立つのだと強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立