AAの福利に対して貢献していくとは。。?

グッド★ロックンロール木曜日★モーニング~!

暗い夜道とかけて、いちかばちかの勝負ととく、その心は、月(ツキ)だけが頼りでッす~!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、曇り~!

いや~、ここ1、2年、俺自身がスポンサーや、その他のステップ先駆者達などに、いろんな事を相談する機会が増えてきた事に比例して、

スポンシーや、その他の仲間達から、相談を受ける機会も増えてきた。。

今更ながら、こんなもんなのかと、仲間との霊的なつながりの実在を強く感じる。

相談する俺も、相談してくる仲間達も、共通している事は、今ある問題で、解決方法が見えていないか、

もしくは、見えているつもりが、全く的から外れているかで、苦しいというものだ。。


勿論、俺も、仲間達も、ビッグブックのやり方で、全ステップを完結して、定期的にミーティングに出て、そこで得た力で、日々のステップをやり続けている。

そんな中で、湧いてくるような問題だから、ステップをシッカリやっているという前提で、神様に試されているようにも思える。

あえて、自分を使わせて、痛みを与え、自分を使わないように、鍛えて貰っているような感じだ。

では、東京のAAでも、少しずつ、自分の側の掃除に徹した8-9のステップまでの完全終了なくして、

本当の回復、霊的目覚めはないと言われつつあるが、その意味、今は凄くよくわかる。


リアルタイムの問題は、リアルタイムに起きたのではないのだ。

実は、その前から始まっている。


これは、ハッキリとビッグブックのいたるところに書いてある。

しかし、皮肉な事に、いくらビッグブックに書いてあっても、

ビッグブックに書いてある順番にステップを実践していなければ、決して神様にわからせて貰えない。


俺は、問題の相談をする時も、問題の相談をされる時も、必ず、ステップ4の表を書いて分析するようにしている。

そして、その時の性格上の欠点をハッキリさせ、6-7ステップを経て、直接的及び間接的な埋め合わせの方針を決め、実行するようにしている。


あるAAの経験を綴った書籍に、【AAの集まりは世界的に認知されている。

それは、個々のメンバーが自分を宣伝するのではなく、その原理と活動を広めるという独特なありかたに、注目が集められているのだ。

利己主義にならず、自分を改めていこうとする私の態度から生み出されるひきつける魅力のほうが、自己宣伝よりもAAの福利に対してはるかに貢献するものである。】と、書いてあったが、

自分が苦しくなった時の原因の全ては、自分が作っているのだ。

それを分析して突き止める方法がわからなければ、厳しく言うと、AAの方法をわかっていないと言われてもしょうがない。。

何よって、AAの福利に対して貢献していくのかは、個人の自由かもしれない。

だが折角AAをやっているのだから、これをやれば、絶対に回復していけるというものを自身が持ち、

伝えていく、経験とそれに基づいた霊的スキルがなければ、何も始まらないような気がする。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立