凄いのは俺じゃなく、AAなんだ!!

グッド★アッ~という間の水曜日★モーニング~!ざる蕎麦とかけて、野外コンサートととく、その心は、海苔(ノリ)が決め手だぜェェ~!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、快晴ッ~!

いや~、昨日は、朝早く、近所の保険センターでガン検診を受けて、その後、10時半に職場に出社した。

まあ、自分の病気の頭じゃ、自分の事がわからないのと同じように、自分の体も自分じゃわからないからという事で、40才から年に1度、必ず受けている。

そして、ガンで亡くなっていった多くの仲間達が言い残していった、「年に1度は、必ずガン検診を受けろよ!」というアドバイスをかたくなに守っている。

ある時までは、俺が死にたくないという思いで、検診を受けていたが、

今は、死んだら世の中の道具になれなくなるし、

まだまだ、自分が生きて、他を生かす範囲で、やり残している事が沢山あるという思いで、ガン検診に臨んでいる。

そんな謙虚・謙遜なスタンスも、日々のステップの実践と継続によって、勝手に強まり、変えられ、育まれてきたように思う。

毎日のステップを継続していると気が付いたら、自分が変わっていたという事は少なくない。

特にビッグブックに書いてある通りに毎日のステップを継続していると、いつの間にか、自分の人生が連続ドラマのような感じになってくる。

連続ドラマを一回見逃して、次回を見ても、あらすじの展開が見えなくなったりして、つまらなかったり、誤った解釈をしやすい。

毎日のステップの実践の必要性というのは、こんな日常のたわいもない事からも、実感させて貰ったりする。

あるAAの経験を綴った書籍に、【過去の自分の過ちに気付き、以前は尊厳に欠けていた事に気付いたいま、

回復のAAのメッセージを広める為という大義名分を付けたとしても、私が名声を求めるのは正直な行為ではない。

AAの共同体と、AAから生み出された奇跡を一般に知らせる事のほうがずっと価値のあるものである。

周囲の人たちにはAAによって変わった私を見て貰い、彼らなりの評価をして貰おうではないか。

そのほうが私が何かを行うよりも、AAにとって遥かに素晴らしい推薦状となるだろう。】と、書いてあったが、

自分の事は自分が一番よくわかっているという誤りに気が付けた事は、俺の人生にとって凄く大きな資産だと思っている。

ビッグブックのやり方で、ステップをやり直した時に、心底、俺は俺の事を全くわかっていなかったという事と、

いつのソーバーでも、適材適所に正しくステップをやっていないと自分の事がわからなくなると痛感した。


だから、ここ1、2年、スポンサーに電話して相談する事がやたらに多くなった。

ミーティングで言えないネガティブな事や、新たな経験についてや、ステップ10に書いてあるような事など、年に10~15回は、電話で相談している。

なかなか電話でスポンサーをつかまえるのは大変なんだが、そんな事をしていると、最近、スポンサー以外のところから、

1週間の中の何曜日に、スポンサーが必ず自宅にいるという情報が、入ってきたりする。不思議だ。。


いつも言う事だが、AAにとって俺なんか、どうだっていい男なんだと心底思う。

だが、そんな俺が、世の中で、酒や不健全なもので自分を安定させなくとも、生きていく為に、AAは絶対必要だ。

そして、俺が仲間を回復に導くのではなく、

どうしょうもなかった俺が、回復に導かれたAAプログラムの実践が、

唯一、仲間を回復に導いてくれるのだと、

神様の手となり、足となり、魂となり、頭となって、伝えてゆきたいと強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立