ちりもつもれば、山となる

あるAAの経験を綴った書籍に、【新しくなった飲まない私は、AAを知らなかった頃のどの自分よりもずっと良い自分になっていると思う。】

&【AAの中に入ったら、愛され、受け入れられているという感じがあった。そんな感じは子供の頃から、しかもかなり小さな頃から長い間経験した事のないものだった。】と、書いてあった。

AAにつながり、仲間の中で、無条件に受け入れられていると感じた時、AAが俺の居場所になったように思う。

ステップ以前に、酒を止めたいという願望さえあれば、いつだってスタート地点に立てた。

だから、今でも、酒を飲まないで生きてゆきたいと思っているし、不健全なもので、自身を安定させないで、霊的なもので、自身を安定させて生きていきたいと思っている。

ミーティングに出て、そこで力を貰って、その力で、日々のステップを実践する事で、そんな思いというか、信念を維持し、更に仲間の仲間になっていけるように思う。

子供の頃、親父には、100点以下は、0点と同じだとどやされ、お袋には、100点でも、0点でも、よくやったとほめられ、知らず知らずに、自尊心や誇りを傷付けられ、生き方を見失ってしまった。

そして、それを理由に、そんな感覚で、人を傷付けて生きてきたように思う。

だから、AAに来て、ただ俺が居てくれるだけの0の状態だけでOKだったと感じられた時、救われ、自分がどう進んでいったら良いのかという事が、よく見えたような気がする。。

多分、0でOKだと受け入れられたから、1を目指し、1に到達したら、次は、2を目指せたように思う。


以前は、0なのに、いきなり100を目指し、惨めになっていた。。

飲み出す前、飲んでいた時、AAに来てもステップをシッカリやっていなかった頃と、ここ1年と比べ、決定的違いがいくつかある。

その一つに、小さな積み重ねを続けているか否かという事があり、これは、かなり大きいと思う。

ちりもつもれば、山となるということわざに匹敵すると強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立