何故、俺は、俺の苗字を忘れないのか。。?

あるAAの経験を綴った書籍に、【いま私はアルコホーリクである。明日もそのことでは何も変わりはない。私のアルコホリズムは私の中にいまもそして明日も永遠に生き続ける。

自分が何者であるかを絶対に忘れてはならない。日常生活の中で自分の病気を認め、受け入れるのを止めたなら、アルコールで命を落とす事は確実である。】と、書いてあった。

職場にいると、1日、最低10回は、俺宛の電話がある。そして、その電話の会話で、何度も、●●さんとか、●●君とか、●●ちゃんとかと、自分の苗字を言われる。

少なくとも、人の言葉、メール、メモを通して、1日、100回位は、俺の苗字を聞いたり、見たりするし、俺自身も何のためらいもなく●●だと自分の苗字を言って、書いて、肯定し、受け入れている。

だから、俺は自分の苗字を忘れないんだと思う。 

これがなくなったら、きっと忘れてしまうような気がする。  

少なくとも、俺一人の力だけでは、自分の苗字を永遠に覚えていられる保証はない。いつからか、そう思えるようになった。

自分がアルコホーリクである事も同じだと思う。  

仲間や、仲間を通した神様、12のステップを毎日実践する事などをなくして、自分がアルコホーリクである事を認め続ける事は不可能だろう。。

だから、仲間と関わり、そこで力を貰い、毎日の自身のステップをやって、病気から回復してゆきたいというモチベーションを持ち続けていかなければならないのだと思う。感謝だ!
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立