身勝手な埋め合せには、神様の息吹きは届かないのだ!!

あるAAの経験を綴った書籍に、【その人達や他の人を傷付けない限り・・・・~ステップ9を使って過去の人間関係をいやすことで、

私のソブラエティを危うくするものが取り除かれる。過去の残骸に潰されない為には、このステップでそれをきれいに取り除く。

するともっと心穏やかなソブラエティに続く道が開けてくる。】と、書いてあった。

ステップ9で、その人達や他の人を傷付けない限りとあるが、そこを誤って解釈してしまうと、非常に危険だと強く感じる。

何故なら、そこを誤って解釈してしまうと、直接的と間接的の埋め合わせの正しい判断ができなくなるからだ。

埋め合わせだからといって、ただ謝ればいいという問題ではない。。

謝っても、謝っただけで終わりにしてしまい、また同じパターンを繰り返し、自分が傷付き、誰かを傷付けてしまったら意味がない。。

だから、ステップは、手渡され、結果を出している経験者と一緒にやったほうがベストなのだと思う。

実際にすぐに会える人でも、会う事で、その人を再び傷付けるような事になるのなら、直接的埋め合わせは見合わせ、間接的埋め合わせに徹すればいい。

その辺の判断は、本人には不可能だし、たとえスポンサーであっても、未経験者には、難しいだろう。。

和解できにくい相手と和解できやすい相手、直接的埋め合わせをやったほうがいい相手と間接的埋め合わせをやったほうがいい相手の振り分けは、必ずしも一致はしないのだ。。

和解できやすい相手であっても、会う事で、傷付けてしまう場合もあるのだ。。だったら、会わずに、間接的埋め合わせに徹しなさいと、ビッグブックでは伝えている。。

要は、自分が傷付きたくないという事を基準に組み立てていくのではなく、まず第一に、その人達や他の人を傷付けない限りという事を基準に組み立てていく事が、大切なんだと思う。

そこで身勝手にやってしまったら、神様の息吹きは届かないのだ。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立