AAでしか、回復に成功できない理由

080831_1414~0001

あるAAの経験を綴った書籍に、【アルコホリズムの治療についてAAは全く独自の立場にあると私は思う。

なぜなら、一人のアルコホーリクと経験を分かち合うという原理だけにもとづいているからである。このことがこのプログラムをユニークにしている理由だと思う。

私が飲まないで生きたいと心に決めた時、知り合いの女性に電話した。その人はAAでソーバーを続けているメンバーで、その人が私にAAのメッセージを運んでくれた。

彼女は金銭の報酬は受けないが、もう一日のソブラエティという報酬を受け取る事ができる。いま私は何も見返りを求めない。

アルコールから解放されるもう一日があればよい。だからその点から言えば、私は自分の行動に対する報酬は充分に受けている】と、書いてあった。

このフレーズ、12&12の中に書いてあり、その続きに、【医療の領域であれ、宗教の領域であれ、世界で最高と言われている専門家でも、アルコホリズムの回復には殆ど成功していない。

私達はここで他の分野の専門性をけなしているのではない。それが私達にとっては効き目がないというありのままの事実を受け入れているだけである。

~アルコホーリクは単に、報酬を受けて十二番目のステップ活動をする人の言葉には耳を貸さないだけである。

いま苦しんでいるアルコホーリクと直接関わる活動は、助けたい、助かりたいという願いが双方にあって初めて成り立つものである事を、私達はかなり初期の頃から確信していた。】と、書いてある。

よくマザーテレサの事について、何の不自由のない生活をしているセレブな女性達が、マザーテレサの言葉だけをとって、さもわかったような事を言っているのを聞いて、腹を立てる時がある。

勿論、AAは、外部に意見を持てないから、そう思っても、神様の意志に立ち返り、神様にそっくりお返しする事になるのだが。。

別に、マザーテレサのような生活をしてないのなら、何も言うなといっているわけではない。俺だって、それは不可能だし、できないと思う。

だが、せめて、マザーの居た厳しい環境に、自分の身を置いて、イマジネーションしてみる位の、配慮や、思いやりがあってもいいんじゃないかと思う。


その環境の中で、何故マザーは救われたのか。。本当の家族も、金も、物も、地位も、権力も無い中で、どうやってハッピーになれたのか。。?女性なのに、服も数枚しかない。。

俺は、精神病院に入院した時、何度も、何度も、ケースワーカーや医者に、もっともらしい屁理屈を聞かされ、アルコール依存症と言われても、絶対に受け入れる事はできなかった。

だが、AAミーティングで仲間に、同じようにアルコール依存症だと言われた時、何かが胸に響き、すんなりと、受け入れる事ができた。

この霊的体験があったお陰で、アルコホーリクは、アルコホーリクに救われると同時に、アルコホーリクを助ける事ができるという感覚が俺の中に芽生えた。

これは、アルコホーリクどうしでなければ、決して生まれる事のない力なんだと今は理解できる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立