絶対許せない奴なんて、誰一人いないんだ!!

あるAAの経験を綴った書籍に、【私が忘れてはならないのは、傷付けた人達が言葉で許してくれたからといって、

それで自己満足を得るような事が私の目指す目標ではないことだ。私はいま、埋め合わせをしようという気持ちになっている。

埋め合わせをしていく中で、私は修復され、前進でき、そして私の為の神の意志を知り、それを求めていく事ができる。】

&【私達の本当の目的は、神と自分の周りの人達に対して出来る限りの奉仕ができるように、自分を捧げる事である。】と、書いてあった。

8-9のステップについては、今の日本のAAでは、いろんな考え方が、あるように思える。

以前、俺もそうだったが、必須というより、できるようならやるみたいな、オプション的な考えが強かったように思う。

だから、100%相手が悪いと思っていたとしたら、その相手に謝罪するなんて事は絶対に有り得ないと思っていた。

しかし、ビッグブックのやり方に完全に委ね、経験者から一緒にやって貰う形でステップを実践していく中で、

100%相手が悪い思っていた事が、実は勘違いしていて、自分が完全に悪かったり、

自分が100%悪いと思っていた事が、実は勘違いしていて、自分は、全く悪くなかったりという事が、かなりあった。。


というか、それが殆どだった。。

そんな勘違いしたままで、あべこべで生きていたら、マジ洒落にならない。。それも、正気でない生き方なんだと思う。。

危うく、親父を殺したい位に恨んで、麻痺して、抹殺して、生き過ごすところだった。。

今は、親父に対して、そんな思いもないし、今の俺にとって絶対に許せない人は、誰一人、存在しない。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立