AAに対する情熱は、必ず、神様に通じるんだ!!

あるAAの経験を綴った書籍に、【私がこの社会の中のソーバーな一市民になった時、自分の側で時に意識しなくとも、自然と、

「関連施設や外部の企業」に波状効果が及んでいるのを知った。そのやり方は、自分自身が飲まないで生き、

ほかのアルコホーリクもソブラエティを達成するよう手助けするという、第一の目的からはずれるものではなかった】と、書いてあった。

昨年、ビッグブックのやり方のステップを経験者から手渡され、それから毎日絶やす事なく、ステップ10-11を継続し、定期的にステップ12で、仲間にステップを手渡してきた。

ステップ10-11といっても、これらのステップは、今日一日のステージで、神様の指揮の元、ステップ1~9を実現していくものだ。

ステップ12も、新しい仲間や、まだステップを手渡されていない仲間達にステップを手渡すだけが全てではないが、

その手渡すという、ステップの実践の中で、最も霊的な行動の中で、手渡す側も、手渡されるほうも、ステップ1~12をより深めていく事になる。

これを確実にやっている仲間と、そうでない仲間との差は、あと4、5年もすれば、如実に日本のAAで、浮き彫りになるだろう。。

ソーバーと回復は、明らかに比例しないという現象は、もっと露骨になっていくと思う。

どれだけの仲間が、やり方は一つしかないという事に気が付いていけるかが、大きなポイントとなるだろう。。

最近たまに、いろんな精神科医と、セミナーなんかで一緒になる事があり、肩書きは抜きとして、種類は別でも、

同じ仕事人のプロとして、明らかに勉強不足なのに、わかったような事を言っている人には、キッチリ勉強不足を指摘し、ビッグブックの医師の意見を読む事を提案している。

人の命を託されている医者が、自身の怠慢で、助かる人を助けられない状況に導いているなど、とんでもないと笑いながら突っ込んだ事もあった。

だが、それとは対照的に、かなりの事を知っている精神科医も、中にはいる。そういう医者は、名もない病院の精神科医だったりする。。

だが、積極的だし、当然ながら、ビッグブックの医師の意見を死ぬ程読んだみたいな事を言ってくる。。


AAの中で、AAメンバーとして、自分自身が飲まないで生き、ほかのアルコホーリクもソブラエティを達成するよう手助けするという活動を、

ステップの実践を通してやっていけば、その情熱が、神に通じ、もっと、もっと、AAの外でも、理解され、更にアルコホリズムに苦しむ人達を助ける窓口を広げていく事になるだろう。。

せめて、AA通の専門家と話す機会があった時、自分はどんなAAメンバーからステップを手渡され、今どういうステップをやっていて、

どの位の人達にステップを手渡しているかというような事が挨拶代わりに言え、ビッグブックをテキストとして、病気について語り合える位になりたいものだ。。

それは、自分に対しても、仲間に対しても、大きな助けになっていくと強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立