AAは、金が無くとも、金に不自由しないプログラムなんだ!!

あるAAの経験を綴った書籍に、【私達にとっては、物質的な豊かさは霊的成長のあとに続いて起こるのであって、その前に起こるものではないのだ~~所有する為でなく、手助けの為に自分が動く時、私の生きる目的はいっそう明らかになる。】と、書いてあった。飲んでいた時、働いていても、いつも金に困っていた。。稼いでも、稼いでも、あればあるだけ遣っていたから、いくらあっても足りなかった。そんな状況で、1ヶ月の給料がいくらであっても、それに関係無く、貧乏だと思っていた。。連続飲酒から、AAにつながる時には、既に借金は3けたになっていた。酒がコントロールきかなくなり、そのコントロール喪失が、酒以外のものに飛び火していった。霊的に言ってしまえば、酒に幸せや平安を求め、金と裕福な安定した生活などと、他のアディクションにも幸せと平安を求めていった。金のコントロールを本腰入れて学んだのは、AAにつながって最初の1年の頃の生活保護の頃だったように思う。当時のスポンサーや、同じプロセスを経て自立していった仲間達の提案通り、毎日小遣い帳をつけて、余計なものは買わないようにして、毎日自炊してやっていったら、僅かながらでも、貯金もできた。まあ、就職してからは、浪費するような事もあったが、生活保護時代の経験があったお陰で、浪費していると気付け、戻す事ができたような気がする。そして、今、俺の稼いだ給料の大半は、家族の為に使っている。自分の小遣いは、生活保護の時よりも少ないが、それでも、必要な事だけに金を使っていれば、毎月貯金もできるし、金に不自由している感じも全くない。。そして、ステップの実践の継続で、世の中の役に立っていく事に自身の幸せを感じれるようになってきて、必要以上の生活の安定や、金に対する執着がなくなっていったように思うし、人の為に金を使えば、使う程、金は巡ってくるような宇宙の法則みたいなものが、なんとなく理解できた。何事も、自己満足だけに幸せや平安を求めていっても、アルコホーリクにとっては、いくらあっても足りない、麻薬でしかないような気がする。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://alcoholic1963.blog121.fc2.com/tb.php/379-6e6752cb

FC2Ad

相続 会社設立