アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
ステップにしろ、AAの提案にしろ、当たり前な事など、AAに来てから、やってきているか、いないかで、とてつもない大きな差が出ると、いろんな仲間が言っているが、まさにそうだと、最近つくづく感じる。その差は、BBの霊的体験の中に【何年もの間、自己を鍛練してやっと得られるようなものが、ほんの二、三ヶ月で現れる】と書いてある通り、良い悪いは抜きにして、飲んでいないにしても、結果としては如実に出ていて、当たっていると認めざる得ない。だが、2ヶ月、3ヶ月の短い期間でも、真面目に継続してやった場合と、そうでない場合とで、相当の差がある事を、見て、聞いて、感じて、如実にわかる位でないと、ステップ2が入ってこないのかもしれない。そして、普通の人達が、何年もの間、自己を鍛練してやっと得られるようなものが、ミーティングに出て力を貰い、マジに12のステップを実践するなどのAAプログラムをほんの二、三ヶ月継続する事で現れる位でないと、普通の人達とのギャップは、埋められないのだと思う。だが、最も大切なカラクリは、チョッと良くなったからと、ある時から、ミーティングに出るだけとか、ミーティングに出る事も、いい加減になって、ステップやAAの提案の実践を止めてしまうと、どんどん悪くなってゆき、自分でそれに気が付けず、そういうモードで、スポンサーや、先行く仲間なんかに、その辺を指摘されると、自分で自覚もなければ、気が付いてもいないから、理不尽な言い掛かりみたいな受け取り方になり、嫌々、ミーティングに規則的に出て、ステップをやり出して、初めて、自分がおかしかった事に気が付く。そこがこの病気の恐ろしい部分だと思う。回復しても、その状態を止めて維持する事はできない。AAをやり続けて、良くなり続けるしかない。やるのを止めたら、個人差はあるが、飲んでいなくとも、飲んでいる状態にすぐになり、自分では気が付けず、3年やり続けてソーバーだったのが、やるのを3年止めて、ようやくスリップし、更に病気が進行して、前の3年の回復の状態になるのに、今度は、倍の6年かかる。3年のソーバーでスリップの準備が始まり、それから3年後の6年でスリップすると、最悪トータルで、12年を要する事となる。4年以上過ぎて、スリップしたら、ほとんど命はないというが、現実を見てきて、ほとんど当たっている。正直、俺も例外でないから、そうなったら生還して、復活できる自信はないし、そうなる事が恐い。俺は個人的に、プログラムをいい加減にやって、スポンサーに叱られたり、スポンサーシップを切られるよりも、そっちの方が恐い。。あんな数字が本当にあってるものかと、最初は思ったが、20年以上AAにいて、自分の事は勿論、AAの裏も表も見てきて、恐ろしい位に当たっている。。だから、どれだけ回復したとか、未来の理想論を掲げる以前に、ただ生きる為に、ハングリーになり、この方法をやり続けている事ができているかどうか、常に自分に問い掛けていく必要があると思う。アルコホーリクには、素晴らしい生き方のプロセスと、無残な死に方のプロセスとの両方が用意されていて、何年止めていても、そのどちらかしかやっていないと思う。それが常に見えている状態であれば、オッケーだと思う。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alcoholic1963.blog121.fc2.com/tb.php/269-e1a9d2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック