スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AAじゃなければ、ハイヤーパワーは働かない!

グッド★スクランブル木曜日★アフタヌーンッ~!

摂取したミントは、不眠と関係あるかも。。

ナンチャッテェ〜!

只今、午後12時

自宅近所の遊歩道で、

1時間プチマラソン中ッ〜!

本日の●●原は、秋晴れッ~!

いや〜、今日は、

職場の有給休暇を

消化する為、休みをとった。

夜は、スポンシーとステップワークをしてから、

ホームグループのミーティングに突入する。

先日、あるセミナーで

スピーカーを頼まれ、

約20分、シャウトした。

スピーカーの前って、

あんまり、準備し過ぎると、

マンパワーになって、

自分で自分を崇めてしまい、

自分で自分を危うくしてしまうから、

当日の朝のステップ11で

湧いてきたことに従って話した。

何故か、31年前に書いた

マイストーリー型のステップ4に

何かヒントがあると、黙想時に、

自分なりに理解する神様から

受け取ったので、

ジックリと読んでみた。

そうしたら、

全く、その通りで、驚いた。。

書いてある内容で、

かなり、忘れていることが

あることに気付いた。。

忘れていたことに対して、

何度も、記憶を

呼び戻そうとしたが、

全く、思い出せなかった。

そのステップ4、

もう亡くなってしまったが、

当時のスポンサーの提案に従い、

その日のミーティングに出て、

そこで思い出したことを一つだけ、

一日、一トピックだけ、

毎晩書くことをやり続けて、

書き上げた。

一日一トピックでも、

毎日書いてると、

半年も過ぎると、

凄い量になっていた。

改めて、

正しい方法で、ミーティングを

利用した時の

ミーティングの力の凄さを

実感した。

正直、恐ろしいくらいの

凄さを感じた。

あの時、

スポンサーの提案に従って、

一日三回ミーティングの中で、

神奈川&埼玉&千葉&都内の

全てのグループの

ミーティングに出たから、

とてつもない宝を

掘り起こせたと

信じて疑わない。

一番最初に書いたステップ4は、

命と同じくらい大事だ!

何故か、

大切に保管しておいて良かった。

今の、このタイミングで、

こんな形で、

役に立つとは思わなかった。

やっぱ、

我がハイヤーパワーは、

永遠に不滅だ!

今日の今日を新たにに、

【日毎の執行猶予というのは、

どんなにものごとが

困難で苦しいものに思えたとしても、

今日はこのプログラムの力に頼ることで、

巧妙で不可解で強力な病気から

自由でいられるということなのだ。】

と、書いてあった。

ソーバーが長くなり、

まだ、AAに書いてるような

経験に委ねた

ステップに生きていなかった頃、

突如、

考えられないような問題が

起こると、

脳をえぐられるような

苦しみに襲われた。

皮肉にも、それまで、

ミーティングに出ることや、

サービスを

一生懸命やっていたことが

効いて、

酒を飲めば、

絶対に苦しむことが、

嫌になるくらいにわかっていたから、

酒は飲めなくなる。

もう、その頃には、

酒を飲んでスッキリできないことが、

自分に染み込んでいた。

だから、自殺を真剣に考えた。

これが、本当のアルコホリズムなのだ。

結局、

AAに書いてあるような経験に委ねて、

ステップをやり直して、

どうにかなったわけだが、

今になって、

自分を苦しめていた要因が、

いろいろとわかってきた。

その一つに、

上手くいかなくなった人間関係で、

対象を全否定してしまうと、

囚われて、

苦しくなることがわかった。

全否定もまた、

渇望とリンクしている。

いつも思うのだが、

スピーカーの人選一つとっても、

固定された個人や少数に任せるのは

極めて危険なのだ。

何故なら、その選ぶ人が

アルコホーリクである以上、

必ず、そこに、

その人の好みが入り、

個人よりも原理では

なくなってしまう。。

「何で、あそこに、

あのメンバーがいないんだ。。

あ〜、なる程、選んだ奴が

あのメンバーを嫌いだからか。。」

ってのは、AAじゃない。

選出する人が少数なら、

せめて、輪番制を取り入れないと、

AAではなくなってしまう。

AAではないということは、

ハイヤーパワーが

働かないということだ。

昔、校長が、

信濃町の昼間の

スピーカーズミーティングで、

「お前の好き嫌いなんか、

どうだっていいんだよ。

原理を優先しろよ!」

と、吠えていて、

滅茶苦茶、

反発されていたが、

今更ながら、

本当、その通りだと思う。

AAというのは、

いくら、自分で良かれと思っても、

原理を優先しなければ、

本来働くべきハイヤーパワーが

働かず、皆無になってしまうのだ!

だから、いかに客観的に、

民主主義にのっとり、

一人一人の特性を

正しく見る目を

持つことが

極めて肝要だと思う。

それもまた、

一人では、できないのだ。

少なくとも、

完璧な人は、

AAにはいない。

だから、フェローシップで

補い合え、ハイヤーパワーが

働くのだ!

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。