導火線に火をつけろ!

影1

グッド★ラフアンドピース月曜日★モーニング~!

師匠の調理を超〜リスペクトっ~!ナンチャッテェ~!

只今、午前10時、自宅近所の公園で、

1時間プチマラソン中~!

本日の●●原は、蒸し暑い、晴れッ~!

今日と明日は、仕事が休みなので、

いつも以上に走りこみまっす~!

いや〜、ここ最近、自分よりもソーバーが長い、

男女の仲間の何人かと、遭遇した。

みんな、今でも、自分のホームグループを起点に、

週に何度か、ミーティングに出て、元気に活動されている。

恐らく、とっくに、70歳は過ぎているだろうが、

とても、そんな年齢に見えないくらいに若い。

俺よりもソーバーの長い仲間達は、年々少なくなってきている。

ここ、5年くらいは、そのスピードが加速してきているように思える。

それもまた、いずれ、自分にも訪れる、無力なことでもある。

そんな中で、生き残っている先行く仲間達が、

元気な姿を見せてくれ、力強いメッセージを発信してくれることは、

AAの第7章に書いてあるパフォーマンスの集大成と言えるだろう。

自分にできないことをやり遂げている人たちには、

無条件で、リスペクトすべきであり、

それもまた、何か、自分を良い方向へ向けてくれる

ハイヤーパワーになると強く感じる。

今月の今日を新たには、主にステップ6について、

経験が分かち合われている。

AAの経験にある通りのステップ5を済ませて、

聖なる1時間の最中、

恨みと恐れと性とその他へ導く性格上の欠点、

そして、そのベースとなる、その人なりの負のパターンを

心の底から嫌なものと感じる。

それは、ステップ5を済ませるまで、

正しいと思っていたか、楽しんでいたものであった。

ステップの実践というハイヤーパワーがなければ、

生涯、そのままだったわけだから、

それだけでも、凄い霊的体験をしたと言えるだろう。

だが、それでも、また、元に戻ってしまう人も少なくない。

どうやれば、元に戻ってしまうことを阻止できるのか?

それを常に明確にし、現実にしていくことこそが、

ステップ6のパフォーマンスと言えるだろう。

正しいやり方に委ねれば、

必ずハイヤーパワーは注がれて、

結果は、後からついてくる。

導火線に火をつけなければ、

決して、ダイナマイトは、爆発しない。

ダイナマイトという回復の威力は、

わざわざ、書くまでもない。

われわれの持っているものを欲しいと思い、

それを手に入れる為に、何でもする気があると、

心底誓うのなら、導火線に火をつけろ!

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立