アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ファンキー日曜日★モーニング!

テレビを見て、レビューした?!

ナンチャッテェ~~!

只今午前9時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中~!

いや〜、昨日と今日は、仕事が休みで、

朝から走り込んでるが、

まだ、6月だというのに、真夏のような暑さだ。。

走りながら、テキストを打っているが、

スマホに慣れるのに、少し時間がかかった。。

ガラケーに比べて、抵抗がない分、

やりづらかったが、

慣れてしまえば、住めば都だな。

今の職場に転職する前の約3年くらい、

副業で、いろんなバイトをやった。

続けていけそうな職種や会社、

続けていけそうもない職種や会社、

いろんなことを経験した。

そんな経験の中で、どれが神の意志で、

どれが神の意志でないかの見極め方も学習し、

知恵にすることができた。

これは、あくまでも、

俺なりに理解した神の意志の範囲であるが、

いくらやっても、慣れないとか、

そこにいる人達に馴染めない場合は、

俺の居場所ではないと、

早々に、見極めをつけている。

それに近いことも、AAの第7章に

書いてあったっけ。。

今は季節の変わり目で、スリップする仲間が、

いつもよりも、多い。

確かに、アルコホーリクにとって、スリップありきだが、

そのリスクを考えたら、しないに越したことはない。

では、スリップに至る感情や思いとは、

どういったものだろう?

数年や、数十年ソーバーでありながら、

スリップしてしまう思いとは。。

一つは、バレなければ、少しくらい、いいだろう。。

もう一つは、今の苦しい状況から抜け出す為、

飲んで全てを清算してしまおう。。

いくらAAミーティングに出て、ステップやサービスを

やっていても、そんな思いは、アルコホーリクであれば、

誰しも、一度や、二度は、持ったことがあると思う。

俺は、もっと酷かった。。

だが、今日まで、スリップはしていない。。

勿論、スリップすれば、自分の想像も及ばない、

悲惨な結末が待っていることや、

進行性という魔物に殺される恐れが、

あった為、そちら側が勝って、

スリップに至らずに済んでいる。

でも、それがただの偶然ではないとする為、

対策の一つとして、

ミーティングの自分の分かち合いの中で、

俺が飲んだらどうなるかを、できる範囲で、

心を込めて、話し、自分に言い聞かせている。

この方法は、自分にとっては、かなり有効な

パフォーマンスだと思っている。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する