無条件に、助けになるということ

グッド★スーパーシンプル土曜日★イーブニングッ~!

今、時計と、携帯電話しかありましェ~ん!

ナンチャッテェ~!

只今、午後10時40分、

仲間と一緒にステップワークをやり終えた後、

自宅近所の遊歩道で、1時間プチマラソン中ッ!

本日の●●●は、ホットな快晴でしたァ~!

いや~、一昨日の木曜日は、

ある仲間の半年のソーバーの

バースデーということで、

急遽、ミーティングの司会を頼まれ、

ホームグループのミーティングに突入した。

テーマは、[ソーバーで生きる]だった。

単純に、

酒を飲んでいなくとも、

酔えるものは、

世の中、酒以外にも沢山ある。

酒を一旦、止めても、

酒以外の酒の代わりにハマり、

次から次へと、

とっかえひっかえ、バトンされ、

何十年もかけて、ブーメランの如く、

最終的に、酒に戻ってくるという

お決まりのパターンも、

アルコホリズムの症状の

一つと言えるだろう。

26年前、●●町のJSOで、

初めてK長と会った時、

強面なK長に、

「あなたが、私に会う為に、

ここに来てくれたことだけで、

私が今日一日、

お酒を飲まないで生きていく為の

助けになっているのですよ!」

と、言われ、意外だったのと同時に、

その言葉の意味がよくわからなかったが、

今になって、その言葉の意味が、

痛い位によくわかる。

どんなにビッグビックに

書いてあることを暗記したり、

上手に読んだり、

自分にしかわからないように

評論したところで、

それだけでは、結果は、0どころか、

悪影響のマイナスでしかない。

その仲間自身のステップ12において、

ステップを

手渡してくれる仲間自身の

助けにもなるということと同時に、

自分自身が助かる為に、

ステップを

手渡してくれる仲間と一緒に

ビッグブックに書いてあることを、

ビッグブックに書いてある通りに

やらなければ、

神様からして見れば、

神様やハイヤーパワーや

ステップなんかクソ食らえの、

神様なんかいないというお前は、

いったい何者なのだ

ということになってしまう。

ステップを手渡す側からしてみれば、

自身の毎日のステップを

キチンとやり続ける事は当然だが、

それプラス、

AAの第7章に書いてあることを

果敢にトライするだけでもいいから、

ステップを手渡す対象の仲間が必要だし、

ステップを手渡して貰う側からしてみれば、

その人自身のステップを

キチンとやっているか、

否かの事実を、

いろんな角度から、厳しく人選し、

プラス、自分に合っているという

フィーリングも考慮した上で、

その全てを満たす、

ステップを

手渡してくれる仲間が必要となる。

神様からしてみれば、

両者とも同じくらい必要で、

両者が揃わなければ、

神様は、手も足も出せない、

ただの飾りでしかなくなってしまう。

俺は、絶対に、絶対に、

神様をそうはさせたくないから、

AAに書いてある通りに、

ステップをやり続ける。

執行猶予なんだから、

やるしかない。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立