アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
120713_0814~01

グッド★エンドレス金曜日★モーニングッ~!

声が聞こえないッ~!ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

灼熱ソーバー天国の快晴ッ~!

いや~、昨夜は、ホームグループの

ミーティングに突入し、

テーマは、【継続】だった。

今日から4日間、アジア圏を中心とした、

AAヤングの世界的な集まりが、

東京で行われる。

あの、「パー、パー、パー!」が、

日本で聞ける、夢のような企画だ!

俺自身は、その企画に、

全く、絡んでいないが、集まりには、

少し、顔だけ出そうと思っている。

26年前、今は亡きK長に、

アメリカでもやられているように、

日本でも、AAヤングミーティングを

やってみたらいいと提案され、

ソーバー1年を過ぎてから、

東京の●名町で、

AAヤングミーティングを、

仲間と一緒に始め、早、25年、

まさか、ここまでになるとは、

全く、想像していなかった。

22才でAAにつながり、

K長との出会いがあり、

23才の時に、

AAヤングミーティングを始め、

最初の1年くらいは、

あまり仲間が集まらなかったが、

いろんな仲間に相談しながら、

ミーティング以外の活動も取り入れて、

スポンサーの提案通り、

約10年は、殆ど、休むことなく、

週に1度のヤングミーティングに出続けた。

そんな中で、特に、草創期の何年間は、

あんなミーティングになんか行くなみたいな、

いろんな反発を受けながらの継続だったので、

正直、いつも、ヤングの活動なんか

止めたいとしか思っていなかったし、

それを、スポンサー以外の誰にも、

言えなかった。

だが、ヤングの現役の頃には、

全く気付かなかったが、

35才を過ぎて、自ら、ヤングを

去らなければならなくなり、

去って何年かして、逆境の中でも、

ヤングの活動をやり続けて良かったと

思えるような場面に、幾度も出会した。

逆境の中でも、続けたから、

価値があったのだと、心底、思えた。

少なくとも、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップをやり直すということは、

ヤングの活動をしていた頃の

仲間との出会いや、

関わりがなかったとしたら、

絶対に実現することはなかった。

そして、今、俺が現役のヤングだった頃に、

どう逆立ちしても、出来なかったことを、

今の現役のヤングの仲間達が、

いとも簡単に、笑って楽しく、

やってのけている。

本当、今の現役のヤングの仲間達や、

側面から、今回の企画をサポートして下さった

仲間達の皆さんに、

心から、感謝と敬意を表したい。

25年前、仲間と一緒に、

日本で初めて、

AAヤングミーティングを始め、

その導火線の火を消さないように、

何とか凌いでやり続けてみて、

それが神の意志だったから、

ハイヤーパワーが働いて、

継続できたのだと信じて疑わない。

続けてみなければ、

わからせて貰えないことがあるのが、

ソブラエティで、人生なんだと、

今更ながら、強く感じる。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する