アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スキップビート火曜日★モーニングッ~!

司会の起死回生で、持ち越し回避ッ~!

ナンチャッテェェ x 2 ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

チョベリグ快晴ッ~!

いや~、よく、

職場や、家庭などのいろんな場面で、

「任せるよ!」という言葉を使う。

ただ、この任せるという

言葉の意味を正しく理解し、

正しく使えるようになったのは、

AAに書いてある通りの

ステップに生きるように

なってからのような気がする。

それ以前は、任せると言っておきながら、

無意識に、結果が出る前から、

ゴチャゴチャと、横やりを入れて、

コントロールしていた。

それは、

人に対しての以前に、

自分に対しても、

そうだったように思う。

例えば、

AAに書いてある通りの

毎日のステップの実践も、

その効果は、

個人差はあるにせよ、

何年か、継続して、

毎日やり続けてみなければ、

自分で意識できるくらいには、

感じさせては貰えない。。

要は、任せるとは、

その人に任せるというよりも、

やり方に任せるということなのだ。

ステップ3でいう

意志と命の方向を変えるということは、

そういうことなのだと思う。

以前、娘に、

昔、水商売で培った

コーヒーの入れ方を教え、

それ以後、たまに、娘に、

「お父さん、コーヒー入れるけど、飲む?

それとも、自分の分は、

自分で入れる?」

と、聞かれた時、

「おうッ、飲むよ!

お前に任せるから、

お前が入れてくれ!」

と、無意識に会話することがある。

そんな日常のたわいもないことにも、

ステップ3は活きていて、

そのことによって、

身近に神様を感じることができるのだ。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する