病気をナメんなよ!AAは、自惚れるなッ!

グッド★オーバーハート土曜日★イーブニングッ~!

帽子で、熱射予防、しましたァァ!ナンチャッテェェ!

只今午後7時、自宅近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れのち曇りで、

朝から、真夏のような暑さだったぜェェ!

いや~、今朝は、遠方のソーバー20年以上の仲間と一緒に、

ステップワークをやり、お題目は、第3章のステップ1だった。

ここでは、いかにアルコホリズムが、

巧妙で、不可解で、強力な病気であるかを、

あらゆる角度から解説している。

日本のAAミーティングで、

25年以上の昔から、よく言われていた、

たくあんの喩えや、

1年のソーバーでスリップして、

その後、やり直して、

その前の1年のソーバーの時の

回復の状態にもっていく為には、

倍の2年かかるといったことなども、

第3章の中に、シッカリと書かれてある。

俺自身、AAに書かれてある通りのステップを、

経験者から手渡された時に初めて気付いたのだが、

少なくとも、何故、1年のソーバーでスリップして、

その後、やり直して、

その前の1年のソーバーの時の

回復の状態にもっていく為には、

倍の2年かかるのかという理由が、

いとも簡単に明確になった。

単純に、AAの付録にある、

霊的体験のスピリットに加えて、

足し算と引き算で、考えてみると、

よくわかる。

俺に、AAに書いてある通りのステップを

手渡してくれた経験者達の中の一人に、

「クルーさァ~、風邪を引いていて、

水風呂なんかに入れば、

更に風邪を悪化させるよねェ~?

アルコホーリクが酒を飲むということは、

それと同じなんだよ!

水風呂に入らないこと自体が、

風邪の治療ではないことと同じように、

酒を飲まないこと自体が、

アルコホリズムの治療ではないんだよ!」

と、言われ、衝撃を受けたことを、

今でも、ハッキリと覚えている。

それだけに限らず、

ステップ1って、そういうことなのかとか、

ステップ1を、そうやって

メッセージするのかといったことを、

沢山、目の前で実演して貰い、

ステップワークそのものが、二人ではなく、

二人の人間と神とで成り立っていることを、

数を重ねるにつれ、強く感じるようになっていった。

今日のAAの第3章の中に、

【これがアルコホリズムの不可解な特徴である。

つまり、どんなにやめる必要があり、

どんなにやめることを願っても、

飲まずにはいられないのだ。】

と、書いてあったが、

これは、何も、酒だけに限らないのだ。

現役のプレイヤーでもある

経験者から手渡される形で、

ステップを1から順番に実践していく、

ステップワークという

儀式たる空間を通さなければ、

決してわからせて貰えないことがあるのだ。

常に、その空間を通すことで、

より神様を身近に感じていれば、

ソーバー30年や、ソーバー40年で、

いとも簡単にスリップしてしまうことや、

スリップ自体が、何故起こるのかということも、

よくわかり、自分も例外ではないと、心底思える。

やれば、やる程、そうなる。

アルコホリズムの巧妙さや、

不可解さや、強力さを

紐解いていくこともまた、

人間的知識だけでは、

どうすることもできないのだ。

昔、今は亡きK長が、

●●町の昼間のAAミーティングで、

「病気をナメんなよ!AAは、自惚れるなッ!」

と、よく言っていたが、

その言葉の意味が、今更ながら、よくわかる。

ステップ1で、自身のアルコホリズムを、

謙虚に捉えていく姿勢は、凄く大切なことだと、

AAの第3章を、神様と仲間と一緒にやる度に、

強く感じさせて貰える。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立