アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★エブリーコンタクト日曜日★アフタヌーンッ!

思うをもう少し深めましたァァ~!ナンチャッテェェ!

只今午後1時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れ&曇りッ~!

いや~、昨夜は、

遠方のソーバー20年以上の仲間と一緒に、

ステップワークをやった。

お題目は、AAの第二章の途中までで、

ステップワークをやる前に、

少し予習をしていたら、何故か、

【私たちは、自分の人生が

自分の手に負えなくなった状況まで、

人間の意志では決して戻れないところにまで

踏み込んでしまっていた。

残された道は二つしかなかった。

耐えられない状態に目をつぶって

行き着くところまで突き進むのか、

それとも霊的な助けを受け入れるかだった。

私たちは受け入れた。

心の底からそうしたかったのだし、

そのための努力をする覚悟はあった。】

の部分が、強く、自分の中で、ヒットした。

二者択一の自由しかないことに気付かされ、

心の底とは、もはや、

生きるか死ぬかの選択しか

残されていないといった現実に、

どう向き合うかといった

思いであったことを、思い出した。

酒を飲むことよりも、

自分で自分の命を絶つことのほうが、

手っ取り早く、

すぐに楽になれるだろうと、

シラフでも、アルコホリズムによって、

心の底から狂ってしまったことは、

絶対に、絶対に、

忘れてはならないと、強く感じる。

今日の今日を新たにに、

【私たちはふつうの人よりも

欲求不満に過激に反応しました。】

と、書いてあった。

このフレーズ、

ビルはこう思うに書いてあり、

その前の部分に、

【私たちは他の人たちを

苦しめてきた過去の生き方を、

厳正に徹底的に追求しなければならない。

それを実行していくと、

他人に与えた傷よりも、

自分自身に与えた心の傷の大きさに

気づかされることが多い。

そういう場合には、

本人は忘れていても、

傷付いた感情の葛藤が

意識下に非常に深くまだ残っている。

だから私たちは、

もともとこうした葛藤を引き起こし、

私たちの感情に激しいゆがみを与え、

そのため性格も色あせ、

人生までもが悪い方向に向いてしまった

過去の出来事を思い出して

再吟味する努力を積極的に

やらなくてはならない。】

と、書いてある。

初めて、

[頭は忘れていても、心の傷は残ったままで、

たとえシラフであっても、

適切な処置を取らなければ、

その心の傷は、残ったままで、

更に深めることになる。]

と、いったことを、

AAに書いてある通りの

ステップの経験者から聞かされた時、

その意味が理解できなかった。

だが、俺自身も、

AAに書いてある通りのステップを、

経験者から手渡されるような形でやって、

ステップに生きるようになって、

〔何故、そこまで怒るのか?

何故、そこまで恐れるのか?〕

といった、俺自身の過去の生き方の

オーバーリアクションと

リンクさせるような形で、

ようやく、その意味が理解できた。

不思議なもので、

AAに書いてある通りのステップを、

経験者の助けを通して、

神様と一緒にやっていくプロセスの中、

自分の事実が見えれば、見える程、

AAに書いてある通りのステップが、

経験ベースで、

理解できるようになっていく。

AAで言う神様とは、

そういう御方なんだと思う。

単純に、いつのソーバーであっても、

今の自分にとって必要な、

神の意志を最優先に、

行動に移していかなければ、

それ以外の何をしたところで、

恐れなんか、

絶対に取り除かれないのだ!

AAに書いてある通りのステップを、

全てのAAメンバーに対して、

無理やりヤラセたり、

目的を履き違えた状態で、

ヤラセたりすることはできない。

だが、AAメンバーであれば、誰でも、

生死の必要に応じての、

神様からの導きは

必ずあると信じている。

そういう意味では、

俺は、絶対に諦めない。

感謝だ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。