アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★週に1度の日曜日★イーブニングッ~!

拍手で、紅白出場を祝いましたァァ~!

ナンチャッテェェ~!

只今、午後8時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れたり、曇ったり、雨降ったり、

結局、今は、月が輝く晴れッ~!

いや~、先週の木曜日は、

ホームグループのミーティングに突入し、

テーマは、【これからの自分】だった。

酒を飲んでいた時、

コンバースのワンスターという

スニーカーが欲しくって、

今度の給料日に買おうと思っても、

連続飲酒で精神病院に入院するまでの間、

結局、一度も、買うことはできなかった。

酒を飲んでいた頃は、渇望モードに入った状態で、

常に、飲み代を確保しておかねばならなかったから、

それどころではなかったというのが、正直なとこだろう。

AAのビルの物語に書いてある、ビルのように、

浮気どころではなかったというのと、

全く同じだったと思う。

そして、いつも、酔っ払った、狂った頭で、

今度こそは、遅れを取り戻そうと、

一発逆転グランドスラム的な発想をするか、

やりもせずに、完全に諦めるかのどちらかだった。

正直、地道にコツコツ、

今の自分に必要なことから、

一つ、一つ、確実にやって、

積み重ねていこうなんていう考えは、

もしかしたら、AAに書いてある通りの

ステップに生きるようになって、

ようやく開花したことかもしれない。

その位、人よりも遅れているとか、

人よりも劣っているといったコンプレックスに、

自由を奪われていたように思う。

結局、AAにつながり、

生活保護を受けていた期間、

1日3回のミーティングに歩いている間は、

自前のおにぎりを持ち歩いて食べて、

絶対に外食をしないなど、

生活を切り詰めて、

毎月、少しずつ貯金をしていったら、

1年もしないうちに、

ずっと、欲しかった、

コンバースの

ワンスターというスニーカーは、

あっけなく買えた。

だから、それ以来、

どんなに金がなくっても、

その気になれば、

絶対に、貯金はできると、

確信している。

酒を飲まない、今日一日を

積み重ねていくことにリンクして、

今の自分に必要なことを、

地道にコツコツ、一つ、一つ、

確実に積み重ねていく中でも、

必ず、ハイヤーパワーを

垣間見ることができる。

確かに、AAに書いてある通りの

ステップに生きることは、

ある意味、痛みを痛みとして

感じ取っていくことだと思う。

だが、それと同時に、

非霊的に生きていた頃には、

全く感じることのなかった喜びを喜びとして、

全身全霊で、

感じ取っていくことでもあると思う。

俺は、酒を飲んでいた頃、

欲しかったスニーカーや、

大事にしたかった友人や、

続けたかった仕事や、

好きだった女性よりも、

何よりも、

酒を最優先に選んできた。

それ以外は、無惨にも、捨てた。

もっと、突っ込んで、

ステップ的に言ってしまえば、

自分のことしか考えられない、

自己中心性にしか生きられなかった。

口では正しいと言い張っても、

その奥底には、

ただ自分を満たすだけの、

自分の正義しかなかった。

それが、ハッキリわかっただけでも、

経験者と一緒に、

AAに書いてある通りの

ステップを実践した意味があったと思う。

これからの自分、

望むならば、

神様のいいようになっていければ、

ベストだと思っている。

どんなことがあっても、

ただ俺は、AAに書いてある通りの

ステップの実践に、忠実に、

生きていくしかない。

失うものがあったとしても、

そのAAに生きるという

スタンスを確実に守っていさえすれば、

絶対に大丈夫だと、信じて疑わない。

そこさえ、おさえておけば、

必要なものは、

絶対に、絶対に、

失わないものだ!

俺の神様は、

そういう御方だ!

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する