ゴッドタイミングで、酒を飲んでいない姿を見せ続けていくこと

グッド★ムーブメント木曜日★モーニングッ~!

セールで、成果を見せ~るッ、製菓会社ッ~!

Wナンチャッテェェ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、快曇りッ~!

いや~、今日の早朝、

新宿から●●●までの電車の中で、

またまた、かつての

直接的埋め合わせ対象だった、

高校時代の同級生と、偶然、出会した。

俺の座っている目の前に、

彼が来て、

俺から声を掛けるような形で、

そこで、お互いに

気付いたといった感じだった。

彼は、酒を飲んでいた時に、

他人の中で、一番、傷付けた対象でもある。

今、思えば、キチンと、

直接的埋め合わせをすべきタイミングで、

キチンと、それをやったから、

今は、偶然、見掛けても、無意識に、

こちらから、声を掛けられるし、

特に、ビクビクすることもなく、

普通に話せるようになった。

だが、キチンと、

直接的埋め合わせをすべきタイミングで、

キチンと、それをやっていなかったとしたら、

偶然、どこかで見掛けて、

少なくとも、

俺から直接声を掛けるなんてこと、

絶対に、できなかっただろう。

そうすれば、更に、相手を傷付け、

自分の傷も更に深め、

AAでいうステップ8-9の提案に、

背くことになること、今は、凄く、よくわかる。

今日の、このタイミングで、

彼に出会した現実を通して、

俺なりに理解する神は、

一体、俺に、

何を言いたかったのだろうかと、

少し考えてみた。

そこには、いろんなゴッドエッセンスが

あるのだろうが、

今日は、シンプルに、

今の俺の様子を、抜き打ちで、

見に来て下さったのかなと、思えた。

確かに、彼に対する

直接的埋め合わせは

終わってはいるが、

それと同時に、彼に対する

生きた間接的な埋め合わせが始まり、

今も、再建といった形で、続いている。

正直、何年も掛けて、彼を傷付け、

俺の入院した精神病院にまで

来て貰っているわけだから、

自分が逆の立場だったら、

どうかと思えば、

俺から声を掛けて、

普通に話せるだけでも、

奇跡というか、ハイヤーパワーに、

感謝しなくちゃいけないなと、心底、思う。

そんな中で、わざわざ、

俺から見せにいくのではなく、

ゴッドタイミングで、

酒を飲んでいない姿を

見せ続けていくことは、

必要最低限の俺自身の

責任だと強く感じる。

それは、

26年のソーバーとかという、

吹けば飛ぶような次元ではなく、

今日一日、ステップに生き、

酒を必要とするスペースを

絶対に作らないという、

執行猶予でしかないと思う。

ソーバーも、ソブラエティも、

もはや、俺だけのものではなく、

俺だけでは、築けないものだと強く感じる。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立