俺のヒーロー

グッド★ゴッドアジャスト水曜日★モーニングッ~!

割増にこだわりましたァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、快曇りッ~!

いや~、昨夜、帰宅したら、

息子が、嫁さんに、ブー、ブー、

文句を言われながら、

塾の勉強や、宿題をやっていた。

俺は、それを眺めながら、

リビングで、夕飯を食べていた。

何気に、その様子を見ていたら、

息子も適当に反発して、

嫁さんに負けじと、

それは、こうでない、あ~でないと、

文句を言いながら、勉強を進めていた。

家の場合は、子供達の勉強について、

直接的には、嫁さん任せで、

俺からは、一切、口を出さず、

嫁さんから、

相談や助けを求められた時のみ、

自分の意見を言ったりなど、

自分が生きて、他を生かせる範囲で、

対応している。

昨夜の息子と嫁さんの、

文句を言い合うみたいな感じで、

コミュニケーションを取りながら、

一緒に、勉強を進めている姿を見て、

いい意味で、明らかに、

俺の子供の頃とは、

違っているなと、感じた。

俺も、小学生の頃は、

小学校から帰宅した後、

父親に文句を言われながら、

嫌々、勉強していた。

だが、昨日の息子と明らかに違ったのは、

父親に文句を言われても、

俺は、一言も、父親に対して、

文句を言い返せなかった。

子供ながらに、明らかに、

父親が言っていることが変だと思っても、

まるで、口をおさえられているかのように、

そんなことは指摘できないと、

いつも、自分に嘘をつき、

誤魔化して、

それが正しいと思い込んでいた。

その根っこには、

父親に意見をしたり、逆らえば、

怒鳴られたり、

殴られたりするのが怖くて、

絶対に、父親には、

意見できないというものがあった。

そんな誤りの本質たる、

俺の正義が、その後の俺の人生に、

大きく影響していった。

どこへ行っても、

そんな父親の呪縛が常につきまとい、

そこから逃れる為に、

父親と同じことをしたり、

瞬間的にスッキリさせてくれる、

酒や酒の代わりにオアシスを

求めるようになった。

昨日の今日を新たにに、

【そのステップの結果、神や仲間との一体感から

ほっと一息入れられる場所にたどりつく】

と、書いてあったが、

そんなことが、ハッキリと、俺のことだと、

受け入れられるようになれたのは、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップをやり直した時のステップ5で、

経験者を通して、神様から、

そんな俺の正義は、

誤りだったと告げられてからだった。

そして、

AAに書いてある通りのやり方に従い、

ステップ5の後の聖なる1時間を経て、

すぐに、ステップ6を実践した時、

不思議と、その正義が切り替えされて、

心底、嫌な、手離したいものに、

勝手に、変えられた。

その段階で。。。

確かに、その段階で、

父親と同じことをしたり、

瞬間的にスッキリさせてくれる、

酒や酒の代わりにオアシスを

求めて得ていた、一時的な、

平安や安定を超えた何かが、

俺の中に、

なだれ込んできたことを感じた。

それが何なのか、頭で考えても

よくわからないことではあるが、

俺にとっては、確かなことだ。

ステップ5の実践の結果、

神や仲間との一体感から

ほっと一息入れられる場所に

たどりついた瞬間だったのかもしれない。

AAでいう神様は、

何もせずにして、勝手に来てはくれないが、

いつまでも、いつまでも、待っていて下さる。

俺にとっては、

AAに書いてある通りの、

俺にとっての

正しいステップを実践している時のみ、

いつも、ここに神があると、

いろんな出来事や、いろんな人達を通して、

感じ取ることができる。

俺は、俺のヒーローたる

俺なりに理解する神様から、

絶対に離れたくないから、

最低、AAに書いてある通りのやり方で、

毎日の、わかりきったステップの実践など、

AAに生きることをやり続けていく。

それが俺にとって、

唯一の存在価値であり、

執行猶予だと信じて疑わない。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立