スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバーワンは神であり、神にとって俺は、オンリーワンで、いいのだ!

グッド★アウトハイ日曜日★イーブニングッ~!

AAのニ章に、焦点を当てまッす~!

ナンチャッテェ~!

只今午後7時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、チョベリグ快晴ッ~!

いや~、昨夜は、遠方に在住の、

ソーバー20年以上の仲間と一緒に、

ステップワークをやった。

お題目は、AAの第2章で、

ステップ1を深めると同時に、

ステップ2にあたる。

俺が、何人かの経験者から、

AAに書いてある通りの

ステップを手渡された時、

みんな、口を揃えて、

第2章の1番最初のポイントとして、

【同じ苦しみを味わったということは、

私たちを結び付ける強力な接着剤の一つではあるが、

それだけでは、いまの私たちのようには

決してなれなかっただろう。】

というフレーズを上げている。

最初に、このフレーズの

解釈の仕方を聞いた時、

正直、耳を疑ったと同時に、

何故だか、

やっぱり、そうだったのかと、

納得してしまうみたいな、

変な、複雑な、

何とも喩え難い心境だった。

シンプルに、ただミーティングに出て、

役割をやっているだけでは、

回復はないといったことで、

その時の俺の状態からして、

それを受け入れ難くとも、

現実としては、

それを受け入れざる得ないことでもあった。

とはいっても、そんなことをいきなり、

経験者に言われて、

すぐには受け入れられなかった。。

なんか、それまで、

俺がAAでやってきたこと全てを、

否定されているようにしか思えなく、

受け入れるのには、多少時間がかかった。

結局、そんな感じ方も、

心に傷を残したままの

オーバーリアクションで、

ステップの実践が進むにつれ、

ミーティングや役割だけでは、

不十分であり、

ミーティングと役割とステップの実践を

連動させていくことで、

自力でない、人力でない、

真のハイヤーパワーによる

回復成長進化が持たらされると、

心底、思えるようになっていった。

そして、何よりも、

AAの霊的体験の

ラストに書いてある通り、

やりもしないで、ダダをこねて、

病気と遊んでいる暇があったら、

まず、やってみて判断するほうが、

潔いというか、美しいというか、

フェアーだと思えた。

やってみた結果は、言うまでもなく、

今では、AAに書いてある通りの、

毎日のステップの実践なくして、

コンパスを、神の意志たる

ハイヤーパワーに合わせることは、

絶対に不可能だと思えるようになり、

それが俺の執行猶予たる、現実となった。

回復成長進化とは、

コンパスの針を狂わせないことではない。

常に狂う可能性のあるコンパスの針を、

いかに、正しい方向へ合わせられるかだと思う。

アルコホーリクである

俺にとってのアルコホリズムとは、

そういうものだと理解している。

今日の今日を新たにに、

【初めてAAミーティングに出たとき、

閉じ込もった感情の中心の

小さな核がその殻を破り始め、

そして自分を知ることが

私が習得すべき課題となった。

新たな自己理解を得たことで、

いろいろな人生の場面への

対応のしかたに変化が生まれた。】

と、書いてあった。

巷で、よくブドウの木の喩え話を聞くことがある。

単純に、木に繋がっている枝でも、

実を結ばないものは、

切って取り除かれ、焼かれてしまい、

実を結ぶ枝は大切に手入れされるという話。。

要は、同じ枝として繋がっていても、

栄養を遮断されれば、実を結ぶことができず、

切り取られて燃やされてしまうということ。。

ステップの実践の基本で言えば、

いくら神様が助けてあげたいと思っていても、

その神様のお望みになる行動を起こさなければ、

神様は、手も、足も、出せず、

助けることができないということだと思う。

AAに書いてある通りのステップを実践し、

本当の自分を知っていくこともまた、

神様から栄養を供給され、

豊かに実っていく第一歩と言えるだろう。

自分が見えていないと、

必然的に、人の輪の中で、

空気が読めないというか、

人を通して、

神の息吹が読めない状態に陥り、

人生のあらゆる場面での人間関係で、

依存と支配に振り回されることになってしまう。

ナンバーワンは神であり、

神にとって俺は、

オンリーワンで、いいのだと思う。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。