アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ハードロックステップ金曜日★モーニングッ~!

イヨカンの用意、予感してましたァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

スッキリ快晴ッ~!

いや~、昨夜は、

ホームグループの

ミーティングに突入し、

テーマは、

AAの第二章のタイトルでもある、

【解決はある】だった。

先日、メッセージに行った、

ある施設のミーティングでも話したが、

AAにつながり、

毎日1日3回のAAミーティングに出続け、

半年くらい過ぎた時、

どうしょうもないアル中である俺でも、

もしかしたら、

酒を飲まないで

生きていけるかもしれないという

可能性を感じ、

それ以後、心底、酒を飲まないで

生きていきたいと思えるようになった。

それは、今も変わらない。

ビギナーの頃、過去飲んだくれで、

刑務所に何回も入ったとか、

精神病院に何回も入院したとか、

何度も自殺未遂をはかったなど、

病気を判断する上で、分かり易い、

輝かしい経歴を持った人達が、

AAにつながり、

病気から回復していく経験や姿は、

凄まじい説得力たるハイヤーパワーを感じた。

だから、AAの第1章に書いてある、

ビルがエビーのメッセージを受けた時の

心の動きに共感できるのだと思う。

俺が驚いたのは、最も驚いたのは、

酒を飲まなくなって、何年もして、

就職したとか、結婚したとかといった

人間的なことよりも、

「今は、全くといっていいくらい、

酒を飲みたいと思わなくなった。」

という一言を、

何年も酒を飲まないで生きている仲間達は、

口を揃えるかの如く話していたことだ。

これには、正直、驚いたと同時に、

喉から手が出るくらいに欲しいと思った。

AAの第2章に、知識と慰めと書いてあり、

経験者には、

AAには、アルコホリズムから回復していく方法と、

共感をベースとして、それを何よりも大切に思って、

霊的に手助けしてくれる仲間が沢山いると伝えられ、

本当に、心底、解決はあるんだなと信じられた。

アル中をアルコホリズムたるアルコホーリクと捉え、

病気から回復していこうと思えれば、

解決はあり、ただ、ひたすら、

AAに書いてある通りの12のステップを核とした、

AAプログラムをやり続けていけば、

解決を実現し、解決があることを事実として、

まだ苦しんでいる多くのアルコホーリクに対して、

神様のお望みになられる、

適材適所の助けとなれ、

更に自身の回復成長進化を維持していけるのだ。

それを保証しているのが、

AA即ちビッグブックに書いてある通りの

ステップの実践だと、信じて疑わない。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。