アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★スピーディー土曜日★イーブニングッ~!

ゲームで、すげェ~、

無理しちゃいましたァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午後8時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、日中は雨で、今は曇りッ~!

いや~、昨夜は、千葉方面まで遠征して、

ソーバー20年以上の古い仲間と一緒に、

ステップワークをやった。

お題目は、ステップ9の最終報告と、

1日24時間対応の

ステップ10のやり方をレクチャーした。

昨夜の相方との深い分かち合いの中で、

恨みや恐れや不正直やわがままなどの、

ネガティブな心の動きにこそ、

神様からの

何かしらのサインがあるといった部分で、

お互い、凄く共感した。

例えば、赤ん坊が泣いていて、

瞬間的にうるせえなあ~と思っても、

すぐにステップ10の流れに

全身全霊を委ねれば、

赤ん坊の泣き声を通して、

神様からのサインは何なのかと、

意識を向けることができる。

そうして初めて、赤ん坊は、

意味もなく泣かないものだという導火線に火がつき、

神の意志を行動に移すことができる。

当然ながら、うるせえなあ~と思って、

何もしなければ、うるせえな~が、

もっと、えげつない感情へと増幅されていく。

だから、アルコホーリクにとって、

たとえ、今日一日の中の、

たわいもないことであっても、

ステップ10をキチンと実践するか、しないかは、

天と地、即ち、生死を分ける、

オフサイドラインといっても、

大げさではないのだ。

今日の今日を新たにに、

【神の手が重く、

不当と思われるほどに

深い悲しみや苦しみに出会ったとき、

祈りを通して、

生きるための新たな教訓を与えられ、

新たな勇気の泉を見つけ、

ついには神が

「不思議な力で奇跡を行う」

という確信を得るにいたったという経験も

話してくれるだろう。】

と、書いてあった。

俺自身、アルコホーリクであり、

遅蒔きながら、AAにつながって20年で、

シラフで底をつき、

経験者から手渡されるような形で、

AAに書いてある通りのやり方で

12のステップをやり直し、

それ以来、一日も欠かすことなく、

毎日のステップを実践し続け、

AAの中に書いてある通り、

何とか今日まで、

執行を猶予されてきた。

だが、AAに書いてある通りに、

俺なりに、一生懸命ステップに生きていても、

目を背けたくなるような不幸に遭遇することがある。

まるで、正しいステップに

生きているからみたいな感じで、

神様は、容赦ない愛で、

その時、その時の俺にとって、

本当、ギリギリ何とかなるみたいな

試練をお与えになられる。

ZARDの歌にあるように、

信じることをしなければ、

こんなに傷付くこともないのにと思うことも、

よくあることだ。

でも、それでも、

神の意志を守って

行動することで、

この痛みを、俺なりに理解する神も

一緒に背負ってくれていると感じられ、

何とか、そのスピリットを

スタンスにできているような気がする。

亡くなった人、病気で苦しんでいる人、

そんな人達の為に、

どんなに祈ったところで、

悲しみや、やるせなさがおさまらない時もある。

それでも、それでも、

信じて、痛いけど信じて祈っていると、

亡くなった人や、病気で苦しんでいる人が、

何を俺に望んでいるのかの、

インスパイア&インスピレーションを

感じるようになる。

俺が、あの人達の為に、

嘆き悲しむことだけを、

あの人達は、俺に望んでいるのだろうか?

亡くなったお袋や、

精神的に病んでいる弟が、

俺に対して望んでいることを、

まず、やっていくことで、

無力な嘆きや悲しみに

折り合いをつけていけるような気がしてならない。

まあ、アル中ならば、

まずは、回復のプログラムである、

12のステップくらいは、キチンとやれよ!

ということだと思う。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。