アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ドラスティック土曜日★モーニングッ~!

さァ~て、朝のステップと祈りも終わったことだし、

今から、所属教会の掃除へ行ってくるぜェェ~!

チョイと、その前に、いつもの、

爆笑★ステップサービス、食らってハイホー!

今朝の公園の地面とかけて、

子供と鬼ごっこしている親ととく、

その心は、凍って(子、追って)まッす~!

ヒョ~、厳しいッ~~!

でも、ナンチャッテェ~!

只今午前8時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、快晴ッ~!

いや~、今朝は、参ったぜ!

起床して、すぐ、ひざまずいて、いつもの祈りをやり、

ステップ3の祈りと約束を経て、

ステップ6-7をやって、

ステップ10の祈りをやっている真っ最中に、

地震が、少し間をおいて、2回もきた。。

一連の朝のステップの実践の真っ最中ではあったが、

割り込みで、速攻、ステップ10をやって、家族に声を掛けた。

そして、再び、朝のステップの実践に戻り、

ステップ11の黙想で、

自分なりに理解する神から、

備えておきなさいというスピリットを受け取り、

嫁さんとも相談して、

食料品や、飼い猫の餌など、

今日から、少しずつ、

買い揃えて、備えていくことにした。

ただ、よくよく考えてみると、

備えることの重要性は、

何も、天災だけのことではないと思えた。

俺自身を地震と喩えるなら、(ナンチャ~!)

日々のステップに生き、

周りの人達の為にも、俺自身の為にも、

キチンと責任を持って、

備えておくこともまた、

AA人としての流儀といえるだろう。

アルコホーリクである俺は、

地震のようなものだけど、

食わず嫌いや、ステップに生きないなど、

俺自身の怠惰や不手際で、

地震には、なりたくない。

今日の今日を新たにに、

【神の手の中では、

暗い過去はあなたの最大の資産であり、

ほかの人たちに生命と幸福を

約束する鍵であるということを忘れないで欲しい。

その資産のおかげで、

あなたは、ほかの人たちが死や悲しみにあうのを

防ぐ手助けができるのだ。】

と、書いてあった。

小学生の低学年だった子供の頃、

年に何回か親戚同志の集まりがあり、

大勢の親戚とで、

飲んだり、食べたり、たべったりしてた。

そこで、親父は、酔っ払うと、必ず、

大勢の親戚の人達の前で、

嫌がる俺に、前屈をやらせ、

無理やり俺の背中を押して、

俺の体が硬いのは、俺が悪いと、

激怒していた。

どれだけ、俺が痛いと言って、泣いていても、

ある一定時間は止めなかったし、

親戚の人達の誰一人も、止めに入らなかった。

俺は、一回目のAAに書いてある通りのステップを、

経験者と一緒にやった時のステップ5で、

その経験者から、

「それって、虐待やんッ!

クルーさんの親父、アル中やでッ!」

と言われて、初めて、

虐待されていたことと、

親父が典型的なアルコホーリクだったと

受け入れられた。

その後、その一ヶ月後くらいに、

そんな親父に対しても、

直接的な埋め合わせをし、

不思議と今は、

親父に対する、恨みや恐れは、全くない。

経験者から助けられながら、

AAに書いてある通りのやり方で

ステップをやり直さなかったとしたら、

親父の現実も見えなかっただろうし、

俺の現実も、永遠に見えなかったと思う。

まさか、それが、俺の生死を分けることでもあったとは、

ハイヤーパワーなくして、全くの盲点だった。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。