アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ゴッドカテゴリー金曜日★モーニングッ~!

ケーキ食べて、ホッケー気分ッ~!ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、朝陽の眩しい快晴ッ~!

いや~、一昨日は、お客側の都合で、

ある設計作業を、

部分的にやり直さなければならなくなり、

速攻、ステップ10の実践を通して、

自分なりに理解する神と握手し、

会社に泊まって、午前3時過ぎまで、

その作業をやっていた。

まあ、正直、今更なんだよと、

滅茶苦茶、腹が立ったが、

ステップ10の途中過程の

生きた間接的な埋め合わせの部分で、

お客の伝達ミスとはいえども、

その作業をやらなければ、

そのシステムが動かず、

使い物にならないことは、

よくわかっていたので、

迷わず、神の意志に従った。

明けて次の日の夜は、

ホームグループの

バースデーミーティングに突入し、

何人かのバースデー者の

分かち合いを聞いていて、

大きな自分の中に、

小さなAAを取り込むというよりも、

大きなAAに、

小さな自分の全てを

差し出すといったスピリットを強く感じた。

テーマは、【底つき】で、

バースデー者達の中の一人とは、

もう、AAで、20年以上、

関わりのある仲間でもあり、

いろいろと考えさせられた。

やっぱ、昔からAAで一緒にやってきた仲間と、

定期的にミーティングなんかで会えたりすると、

二十数年前は、大変で、その大変さもよくわかっておらず、

辛かったりもしたけど、

それでも、楽しかったなあ~と思えるのは、

仲間と一緒にやっきたから以外の

何ものでもないと思う。

たとえ、仲間と一緒にいたとしても、

輪の中の孤独を感じて、

独りぼっちだったとしたら、

辛くとも、楽しかった思い出は、

残らなかっただろう。。

今日の今日を新たにに、

【今日私が、

飲まないで生きるためにすべきことはなんだろうか?】

と、書いてあった。

AAの中にも書いてあるが、

俺は酒を飲んでいた時や、

酒を止めても、ステップに生きる以前は、

いざという時に、頼りにならない男だった。

まあ、全てが全て、

そうではなかったにしても、

ステップ4を書いて、ステップ5をやった時、

恨みと恐れと性とその他のあらゆる場面で、

完全に神の意志と逆か、

もしくは、神の意思が

皆無だったということが、よ~くわかった。

例えば、無力な災難に遭遇した時、

単に恐れや、

変に理不尽だと恨んだりの感情をベースに、

無意識に、考え、行動していたわけだから、

上手くいかないのはよくわかる。

今、俺が、いざという時に、

どのくらい頼れる男になっているかは、

よくわからない。

だが、俺自身が、いざという時に、

何に頼れるかということさえ間違えなければ、

俺以外の力によって、

頼れる人間であり続けることは

可能だと確信している。

俺にとって、いざという時に、

頼れるものは一つしかない。

そのたった一つの力のお陰で、

酒や酒の代わりを必要としないで生きていられる。

だから、ステップに生きることは、

止められないのだ!感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する