スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間的には、考えもつかないような単純明快な確かなこと

グッド★ドリームカムトゥルー金曜日★モーニングッ~!

カラオケは、明日からOKだってさッ!ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、会社内のルームランナーで、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●リカバーシティ&●●●カーニバルシティは、

空の雲模様が、アートスティックな起死快曇りッ~!

いや~、今年に入り、昨日から仕事始めで、

夜は、今年初めてのホームグループのミーティングに突入した。

テーマは、【12ステッププログラムの実践で与えられた希望】だった。

ミーティング後半のある仲間のスピーカーを聞いて、

俺自身にいろいろ当てはめて考えてみた時、

いくつもの気付きが与えられ、

いいメッセージを貰えたなあと、心底思えた。

不思議なもので、

AAの12のステップを経験者のナビを受けながら、

ステップ3を活かした正しさで、キチンと実践すると、

良いところも、悪いところも、

より明確に自分自身が見え、

それが本当の自分だと自覚できると同時、

赤信号を青信号だと心底思い込んで渡り、

事故るといったことが殆どなくなり、

日々のステップ10-11を

確実に毎日やっていくことで、

更に、その霊的なスキルを少しずつ、

限りなく上げていけるようになる。

一言で言えば、

俺は、俺が思っていた程、

良い人間でもなければ、

悪い人間でもなかった。

俺は、俺だった。

そして、自分の背中は

自分では絶対に見れないといった

自然の摂理に自身を差し出し、

俺の背中を見れるスキルを持った、

ステップ経験者を通して、

本当の俺を、真実のありのままの俺を、

俺なりに理解する神に告げ知らせて貰った。

昨日の今日を新たにに、

【「飲まなかったら死んでしまう」という思いと

「飲み続けていたら死んでしまう」という思いが戦っていた。

この二つの強迫的な思いがさらに私をどん底に追い込んだ。

そのどん底から、自分のアルコホリズムを

全面的に受け入れる力が生まれた。】と、書いてあった。

AAにつながり、最初の半年くらいは、

AAミーティングに毎日出ていても、

酒を止めたい。。でも、酒を飲みたい、

少しくらいなら大丈夫じゃないか。。

といった、人間的に考えたら、

不謹慎のような思いや考えが、

いつも俺の中で渦巻いていた。

当時は、AAミーティングに

1日3回出ておきながら、

酒が飲みたいだなんて

思ってしまうことは罪だとしか思えず、

そう思ってしまう自分を責めたり、

口が裂けても、そんなこと、

仲間には絶対に言えない、

いや、言ってはいけないことだと思っていた。

ただ、そんな思いを持ったまま、

誤魔化していれば、逆に、遅かれ早かれ、

また、酒を飲んでしまうんじゃないかということも、

なんとなく見えていた。

だが、ある出来事を通して、

飲みたい、でも、止めたいといったことから

正直に仲間と分かち合い、

ミーティングに出て、酒を止めていても、

個人差はあるにせよ、

最初のうちは、誰だって、禁断症状めいた、

酒を飲みたいという思いを持ってしまうのが、

アルコホーリクだと知って、救われた。

不思議と酒を飲みたい衝動に襲われた時、

すぐに、その新鮮な状態で、

その思いをスポンサーや仲間と分かち合い、

肯定され、共感した時、その衝動は取り除かれた。

そうやって飲酒衝動を鎮めるだなんて、

驚きだったし、信じ難いことではあったが、

それは事実だったし、

今でも、理屈では絶対に説明のつかない、

俺にとって確かなものだと思っている。

ただ一つ言えることは、

分かち合う対象は、同じ道を辿り、

その問題を解決した仲間でなければ、

絶対にそうはならないということだ。

AAプログラムには、そんな不思議な、

人間的には、考えもつかないような、

単純明快な確かなことが、沢山、溢れている。

やらなければこないが、やればくる。

同じアルコホーリクなら、

やれば、絶対にくる!感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。