アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ストーブリーグ木曜日★モーニングッ~!

お札を撮影しましたァァ~!ナンチャッテェ~!

只今、午前7時半、会社内ルームランナーで

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

チョベリグ快曇りッ~!

いや~、昨日のステップ10報告でも書いたが、

昨日の日中、滅茶苦茶、頭にきて、

恨みが持ち上がったことがあった。。

あるお客さんに対して、

そのお客さんが出してきた指示が

間違えているんじゃないかと、

図式まで付けて、

確認も兼ねて指摘したのだが、

そのお客さん、そこから、明らかに外れた、

カムフラージュ的回答をしてきたから、

不正直な奴だなと、

烈火の如く頭にきた。。

速攻、ステップ10を実践し、

間接的な埋め合わせの部分で、

相手にとってみたら、

自分に非があると思えたにしても、

受け入れるのに、

多少時間がかかるのだろうと受け止め、

自分の側の掃除だけに徹して、

切り替えしとして、

これからステップ5を迎える仲間に対して、

日程の調整をしたり、

若手設計者の仕事のフォローをして、

そのことについてのステップ10は、シメた。

このことを、実際に、

ステップ4形式で紙にかいてみたら、

相手に自分の非を指摘されて、

すぐに受けいれられていないのにも関わらず、

すぐに楽になりたいから、

すぐに認めるといった不正直さを、

相手に要求していたことが、

よ~くわかった。

対人関係が傷付けられ、

身勝手と恐れに発展するという

パターンが明確となり、

神の意志に従ってハイヤーパワーを取り込み、

改善していかねばと心底思えた。

結局、そのお客さんは、

少しタイミングを外して、

キチンと謝罪してきた。

酒を飲んでいた頃や、

ステップに生きる以前の俺なら、

こういう場面で、

相手に無理やり非を認めさせようと、

相手を畳み込み、

確実に人間関係をブチ壊していただろう。

だが、今回は、適材適所に

ステップをキチンと実践したお陰で、

壊す必要のない人間関係を壊さずに済んだ。

それを成し得たのは、

ハイヤーパワー以外の何ものでもない。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。