アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★週に1度の日曜日★モーニングッ~!

お風呂をフロントに聞きましたァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午前9時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、少し暖かい、晴れッ~!

いや~、10月からやっていた、

難易度の高い設計も、

先週金曜日に終わり、

やっと一息ついている。

取り敢えず、やるだけやって、

結果はお任せといった感じで、

ベストを尽くせて良かった。

ただ、いつも、こういう時に思うのは、

ハイヤーパワーを含めた、

いろんな人達の協力があって、

成し得られたことだということで、

感謝しなくちゃいけないな。

先週の木曜日は、

ホームグループの

ステップミーティングに突入し、

翌日の金曜日の夜は、

ホームグループ内の企画で、

ホームグループの仲間達と一緒に、

都内のある庭園のライトアップを見て、

その後、その近くで食事をした。

普段、グループの仲間達と、

ミーティングなど、AAの外側で、

AAのことを一時的に忘れて

交流するという機会が、

殆どないから、今回の試みは、

非常に良かったと思えた。

いろんな仲間と腹を割って話し、

帰宅して、

その日の夜のステップを実践した時に、

ステップの実践を含めたプログラムを、

キチンとやっている上での痛みを知らないと、

同じ境遇にある仲間達のことは勿論、

ステップの実践を含めたプログラムを、

キチンとやれていなかったり、

その途上にある仲間達の痛みを理解することは

できないのだなあというスピリットを、

自分なりに理解する神様から受け取った。

そして、どんなアルコホーリクであっても、

今の自分の痛みの中で、

酒や酒の代わりを

必要としないでいるということは、

まだ苦しんでいる仲間達からしてみれば、

大きな希望以外の何ものでもないと、

確信できた。

今日の今日を新たにに、

【特定の願いをするときには、

「それがあなたの意志であるなら・・・」

という言葉を加えるとよい。】

と、書いてあった。

このフレーズ、

12&12の中に書いてあり、

その前の部分に、

【一体何のためにそれを求めているかを、

ひとつひとつ慎重に判断する必要がある。】

と、書いてある。

今、AAの中で、

ミーティングに出ることから始まって、

ステップワークや、

グループの役割や、

AA全体のサービスなど、

ありとあらゆる、

回復のチャンスがある。

だが、そんなことだけを、

1日24時間、

専念してやれる時期というのは、

最初の1年くらいだろう。。

当然、働いたり、

家庭のある人ならば、

家庭のことなど、

少しずつ、その人自身の

回復の状態にリンクさせて、

AAの中にいる時間を少なくしていき、

AAの外で、AAを生きるという

ステップアップが必要となってくる。

そんな中で、

ミーティングになんか出たくないのに

ミーティングに出なくちゃならないとか、

仕事なんかしたくないのに

仕事をしなくちゃならないとか、

家庭を顧みたくないのに

家庭を顧みなくちゃならないといった

葛藤に苦しむ経験をするようになる。

俺のつたない失敗と成功の

経験から言えることは、

この段階になった時、

キチンとAAに書いてある通りの

ステップに生きていないと、

ほぼ高い確率で、

その時、その時の神の意志を掴みきれず、

際どい判断を誤り、

真面目にやっているのにという意識と裏腹に、

上手くいかずに、バランスを崩す。

例えば、

仕事なんかやっている場合でないのに、

仕事をしてしまうなど、

大事な目的からそれたことが原因して、

判断を誤る。

だから、今現在の自分の問題は、

どういう目的で、

どうなったらいいのかということを、

常に、神様の視点から掴んでおかないと、

とんでもない思い違いをしてしまうのだ。

今朝の早朝ミサで、

神父様が、マザーテレサの言葉として、

【痛みがなかったら愛でない】

と言っていたが、

自己中から霊的へという痛みがなかったら、

愛ではないのだろうし、

本当の愛を心で理解できないのだと思う。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する