アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ワンデイステップ日曜日★モーニングッ~!

畳で立った、民夫君ッ~!ナンチャッテェ~!

只今午前10時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、週末に持ち帰った仕事のほうも、

ようやく、自分の思うように

進められるようになってきて、

少しずつだが、心にゆとりが持てつつある。

時折の極度な痛みは、

そんな時の為のステップの実践を通せば、

今が途上の回復成長進化の為に

与えられているものだと受け入れることができ、

遅かれ早かれ、取り除かれていく。

不思議だが、ステップに生きていると、

直接的に結び付かなくとも、

同じ問題で、同じボルテージで、

ドンドン酷くなっていくような形で、

心を痛め続けるといったことが無くなる。

そんな中で、効力を発揮する

ハイヤーパワーのひとつに、

辛いのは、自分だけでないという、

反自己憐憫的な、

共感や、共存といったものがある。

酒を飲んでいた時を含めた、

ステップに生きる以前の俺は、

自分の利益だけの為にを基準に、

不安になったり、安心したりしていた。

AAにいて、

世の為、人の為と言いながらも、

結局は、AAに書いてある通りの

ステップに生きるようになるまで、

圧倒的に、自分のことしか考えていなかった。

ステップ的に言えば、

自分の不幸や、

人の不幸を利用したり、

演出したりして、

自分が安定しようという、

被害者意識が強かった。

そんなことすらも、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップをキチンとやらなければ、

わからせて貰えなかった。

先日の今日を新たにに、

【自分自身の棚卸しを

絶えず行いながら自分の誤った行動を認め、

自覚し、その責任を受け入れていくとき、

AAのプログラムから与えられる自由は、

より大きく、より豊かなものになる。

~ほかの人たちに対する理解もより深まり、

より多くの手助けができるようになる。】

と、書いてあったが、

今は、自分の利益だけを考えようとしたら、

胸を痛めることなんか無くなった。

勝手に無くなった。

だが、今は、人のことを、

自分のことのように思うことで、

胸を痛めるようになった。

それは、ステップに生きる以前には、

殆ど無かったこと。。

(そんなつもりになって、

そんな演技はしていたが。。)

人のことを、

自分のことのように思うことで、

胸を痛めるということは、

神が、

ここにあるということなのだろうが、

それも、勝手にそうなった。

但し、そのスタンスは、

毎日の適材適所の

ステップの実践を通して、

【私達のアルコホリズムは治ったのではない。

霊的な状態をきちんと維持するという条件で、

毎日執行を猶予されているだけなのである。】

といった、神様との約束を果たしている限りのみ、

有効だということだ。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。