巧妙で、不可解で、強力な、病気の進行と超回復

グッド★ダイナミック土曜日★イーブニングッ~!

この町の床の間、調査中です!ナンチャッテェ~!

只今午後8時、

近所の公園で1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、今、抱えている設計の忙しさも、

先の見えない峠は越えて、

少し気が楽になってきた。

まあ、そうなるまでの先週なんかは、

水曜日だけ帰宅して、

それ以外は会社に泊まり込み、

昨日からまた帰宅してきて、

週末は、自宅で、残作業をしている。

納期も、お客に泣きを入れて、

一日延ばして貰い、

何とか間に合いそうだ。

こんなモードの時は、

週に一度は、死守して出ている、

ホームグループのミーティングや、

俺の仕事を手伝ってくれている

職場の若い連中に対する有り難みが、

身に染みる。

俺の場合、

こういうことというのは、

限界寸前まで自分を追い込まないと、

なかなか、

わからせて貰えないことだというのが、

今回の経験によって、

改めて、強く感じさせられた。

まあ、正直、

ステップをマジにやっていなければ、

こんなに苦しまずに済むのになあ~

と思いつつ、

または、嫌だ、面倒だと言いながらも、

一日も、投げ出そうとしないのが不思議だ。。

だが、本当に苦しい時程、

すぐに楽になれなくとも、

いつか必ず好転していくことを信じて、

AAに書いてある通りの

決まりきったステップをやっていると、

同じ辛さでも、

一日、一日、微妙に

変化していることに気付け、

時計の短い針のようだけど、

少しずつは、

良い方向へ向かっていると、

体感できる。

ステップに生きていれば、

越えられないものは、

絶対に与えられないという、

神様からの信頼は、

裏切ることはできないからな。。

先週のホームグループの

ステップミーティングのテーマは、

AA第3章の前半のステップ1だった。

アルコホリズムに対する

進行の恐ろしさや、

その逆の回復していく驚異の

全ては、

理屈ではなく、

多くの仲間を通して、

霊的に教わってきた。

死んでいく仲間達と俺とのは、

たった一杯の差でしかないことや、

1年のソーバーでスリップした仲間が、

次にまた再トライする時、

最初の1年の回復の状態にいくまでに、

倍の2年かかることなど、

巧妙で、不可解で、強力というのが、

紛れもない事実だということ、

そんなもん、そんなもんなんか、

理屈じゃ理解できなかった。。

というか、目を背けてでも、

理解なんかしたくなかった。。

だが、俺が、AAにつながった当時は、

そんなことが、毎日、

日常茶飯事のように見せ付けられ、

無意識に、俺も例外ではないと

思うようになってしまった。

もし、それがなかったとしたら、

AAに書いてある通りの

ステップを実践すると、

そんなモードと同じ、

人間的には理解に苦しむ、

驚異的な回復があることなんか

信じられなかったと思う。

それは、ステップ4を書く時に、

恨みの対象に対して、

相手を殺すくらいに、

優しくなる必要をより無くしたほうが、

自分の誤りの責任を

感じ易く促進させてくれるという、

ハイヤーパワーと

凄く似ているような気がする。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立