アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ゴッドフェイク土曜日★モーニングッ~!

秋になって、夏をあきらめ、懐かしむッ~!

ウオッ~、ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、

オータムモード炸裂の快晴ッ~!

いや~、昨日のステップ10でも書いて、

去年、俺にステップを手渡してくれた仲間や、

スホンシー達に、ステップ10報告として、

メールで送ったことでもあるが、

昨日の朝、よく行く煙草屋で、

かなり強い、わがままが持ち上がった。

理由は、410円の煙草を1個買うのに、

店のおじさんに千円を渡した際、

そのおじさんに、

「10円、ありませんか?」と、聞かれ、

その瞬間、心の中で、

〔10円がねえから、千円札を出したんだろッ!バカヤロー!〕

と、性格上の欠点で言えば、

自分が相手の思う通りになるか、

もしくは、

相手が自分の思い通りになるかの、

対人関係を傷付けられ、

自分の思い通りにならずに面白くない、

身勝手な恐れが、

浮き彫りになるような形で、

反応してしまった。

実際に、ステップ10を、

ステップ4形式で、

紙に書いてみて、初めて、

別に俺が、煙草屋のおじさんに、

10円ないかと言われたことだけに

反応していたわけではないことが、

よくわかった。

俺は、いつも、同じ場面で、

千円を渡す際に、

必ず、10円あるか、ないかを確認していて、

昨日は、たまたま無かったというところで、

おじさんに、10円ないかと聞かれて、

反応したということが、

ステップの実践に委ね、

そこに神の視点を置くことによって、

神様に気付かせて貰えた。

いくら俺が、いつも、

俺なりに、出来る限り、

千円と一緒に、10円出していると言っても、

煙草屋のおじさんにしてみれば、

昨日の場面での俺しか知らないのだ。

要は、瞬間的に、自分が神の役を演じ、

見ていなくとも、

俺のことは、わかっておけよといった、

無理な要求を煙草屋のおじさんに叩きつけて、

わがままという形で、反応していた。

逆に、俺が普段から、10円があったら、

千円と一緒に、その10円を出そうなんていう、

それだけでは、不十分な

気遣いを全くしていなかったとしたら、

昨日、煙草屋のおじさんに、

10円ないかと聞かれて、

昨日程、反応しなかったということも、

よ~く、わからせて貰った。

昨日のことでの、

直接的な埋め合わせとしては、

10円ないかと聞かれて、

一応、もう一度、

財布の中を確認し、無かったので、

「すいません。やっぱり、ありません。

千円でお願いします。」

と、対応し、

間接的埋め合わせとしては、

いつも、財布の中に、10円があると、

わずらわしいと思い、自宅の貯金箱に、

全て入れる癖があることを思い出し、

せめて、10円を5枚くらいは、

常に小銭入れに入れておくように、

少し、やり方を改善するようにした。

そして、その直後に、

狭い道で、前から来た人たちに道を譲って、

そのことにおいてのステップ10は、

ファイナルとした。

少なくとも、

間接的な埋め合わせを

確実にやっていけば、

昨日の煙草屋のおじさんに対する感情は、

感謝以外の何ものでもないだろう。

だが、昨日の場面で、

あのゴッドタイミングで、

ステップ10をキチンと

実践しなかったとしたら、

あのおじさんを、

嫌な奴としか思えず、

あの煙草屋で煙草を買わなくなり、

神の手の届く世界を

狭くしていくことになっただろう。

いつも言うことだが、この差は、大きい。

アルコホーリクである俺にとっては、

まさに、生死を分ける、

オフサイドラインだと、

信じて疑わない。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。