ビッグブックを、ただのご立派な本にしない

グッド★週に一度の木曜日★モーニングッ

美味しいキュウリを至急、リストアップ~!

ナンチャッテェ~!


只今午前7時半、会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、スーパーホットな快晴ッ~!

いや~、昨夜、帰宅したら、夏休み中の息子が、

朝から、ズルズルと先延ばしにしていた、

その日にやらなくてはならない勉強を、

嫁さんに、文句を言われながら、

半強制的にやらされていた。


まあ、いくら子供といえども、

やらせだけだと、殆ど、身に入らず、

やらせる対象の見えない場所で、

必ずサボりだすしな。。

AAの12のステップも、

そんなシチュエーションと全く同じで、

いくら、ミーティングで、

ステップ、ステップと言っていても、

今日一日の中で、決まりきった、

適材適所のステップをキチンと

実践していなければ、

それをキチンと

やっている人たちから見てみれば、

丸裸のバレバレで、やっていないことが、

嫌でも、わかってしまう。


要するに、ひらがなしか書けないのに、

漢字も書けますといったところで、

すぐにバレてしまうということと、

全く同じ理屈だと思う。。

だから、AAは、決して

やらせであってはならないし、

ビッグブックを担ぎ上げて、

ただの流行にしてはいけないのだ。


よく言われることだが、

ビッグブックとは、

そのビッグブックに

書いてあることをやらなければ、

または、やり続けなければ、

ただのご立派な本でしかない。


やれば、やり続ければ、わからせて貰えるし、

やらなければ、やり続けなければ、

決してわからせて貰えないというのは、

人間的には、

非情とも思えることかもしれないが、

全知全能の神としては、

一番わかりやすい、

存在感の示し方なんだろうと、

容易に理解できる。


結局、昨夜は、息子に対して、

やればできるんだからと、

息子を誉めながら

「バパも、やりたくないような仕事を、

どうしても今日までに

終わらせなくちゃならないから、

今から、1時間くらい、

パソコンで、その仕事をするから、

一種に頑張ろうぜ!」

と、言ったら、息子は、

「わかった。」とだけ言って、

黙々と勉強をやり始めた。


男の友情でもあり、

息子も俺も、

同じ神の子ということだな!

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立