自分とは、全く正反対の考えに、ヒントがある

グッド★スマッシュ日曜日★イーブニングッ~! 

賞味しながら、コショウ、見つけるかァァ~!

ナンチャッテェ~!


只今午後6時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、快晴ッ!

いや~、丁度、ソーバー25年の

バースデー前とあって、

ソーバー20年の時と同様、

節目の壁に

ブチあたっている感覚がある。

ソーバー20年の頃は、

その壁が何なのか、

ソーバー20年過ぎて、

ステップをやり直すまでは、

わからせて貰えなかった。

だが、今回の

ソーバー25年の手前で、

その壁がいったい何なのかが、

今日になって、ある程度、

ハッキリ見えてきた。

勿論、知らず知らずに、

毎日のステップの

実践の積み重ねが

効いているのは、

間違いないと思う。


それをベースに、

AAとは直接関係ないが、

今回の壁がいったい何なのかを

感じる直接的きっかけになったのが、

今朝の所属教会のミサで、

イエスキリストが、

十字架につけられ、

本人も言っていたが、

神に見捨てられるかのように、

殺されたということだった。


AAや、家庭や、職場などで、

きっかけは、

自分の落ち度であっても、

そこまでの返しがあるもんなのかと、

驚き、嘆き、困惑することが、

ここ半年位で、ポツポツと、

定期的に起こっている。


だが、今、ハッキリしているのは、

自分とは、全く正反対の

考え方や思想の中に、

今の自分に欠けているものや、

今の自分を高めていくことの、

ヒントがあることを、

強く感じている。


そういう考え方や、

そういう受け止め方も

あるのかァ~と思い、

必要に応じて、

俺自身をそこに

合わせていくことは、

何も、俺自身が信じる

ステップに生きることを捨てたり、

曲げたりすることではないことを悟った。


むしろ、俺自身が信じる

ステップを生きることを

進化させていくことが、

そんな、理解されるよりも、

理解することをに、

つながっていくんだと、

わからせて貰ったように思う。


今日の今日を新たにに、

【幼いころに恐怖を体験した私は、

恐怖があるから私はおくびょうなのだと

ずっと思い込んでいた。】

と、書いてあった。

子供の頃、テストで、

100点でなければ、

0点であろうと、99点であろと

同じという考えの父親のもとで育った。

だから、テストで100点を取れば、

父親は上機嫌で、

99点以下の場合は、ボロかすだった。


母親は、その逆で、

0点であろうと、99点であろうと、

100点であろうと、いつも誉めてくれた。


そこには、

少しずつ進歩していくことの評価など、

皆無だった。


生まれながらアルコホーリクだった俺は、

そんな環境の中で反応し、

それが当たり前なんだと、

勝手に思い込み、俺自身の、病的な、

依存と支配の土台が作られていった。


だから、AAに書かれてある通りの

ステップに生きるようになり、

失敗しても、恐れずに、

失敗したと告白し、受け入れ、

痛くとも、必死に、そこから学んで、

ハイヤーパワーとしていける

生き方を確立できたと感じた時、

正直、救われたと思えた。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立