俺ではなく、AAが、仲間を回復へ導く

グッド★スーパーランダム火曜日★モーニングッ~!

食べ過ぎのサイとかけて、

繁華街に窃盗団ととく、

その心は、どちも、

サイ太る(財布盗る)ッ~!

ナンチャッテェ~!


只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

エブリー快晴ッ~!

いや~、昨夜、たまたま、

新入社員と一緒に帰宅し、

その時の話の中で、

その新入社員から、

どうしたら、年相応の給与が

貰えるようになるのかという、

相談を受けた。


それに対し、俺は、

会社的に、

ある一定基準を満たした上で、

早く、安く、正確に、

お客さんが納得してくれる

スキルの範囲で、

一つの設計を、自分で、

仕上げられるようになれば、

社長に推挙して、すぐにでも、

年相応の給与を

出してあげて欲しいと、

お願いして、

実現可能だと伝えた。


そして、正直、彼には、

その才能があると思っているので、

「君が、

仕事を完全に覚えてしまえば、

必ず実現できることだから、

まずは、仕事を完全に覚え、

その覚えたことを、

実践レベルで使えるように、

なっていくことだ!

君に、やる気があるのなら、

そうなっていくまでのサポートは、

俺が、惜しみなくやるよ!」

と、言って、約束をした。


世でいう、基本的なことだが、

人が神の子であると、

仮定するのならば、

育児が子供を育て、

仕事が人を育てるなど、

人は、

人や、神の意図した現実といった、

神様の産物によって、

日々、育てられている。


だが、アルコホーリクである俺は、

まず、アルコホリズムから回復する為の、

日々の簡単なプログラムに

委ねて生きていないと、

頭で理解できても、

常に心にブロックするものがあり、

そういうスタンスでは、生きれない。


その日のステップの実践は、

その日にしかできないし、

その日にしか効かないし、

その日にやるのが、

一番ベストのベストで、

最も神様の力が及ぶ聖域と言える。


いつも、言っていることだが、

俺が、誰かのスポンサーをやっていて、

俺が、そのスポンシーを

回復に導くのではない。


俺が伝えた、

AAに書いてある通りの

ステップの実践を、

そのスポンシーが、

ステップ3を効かせて、

継続的に且つ完全に

実践すればに限り、

回復に導かれるのだ!


自分が、助けられた方法で、

自分が生き続け、

適材適所の

人の助けになっていれば、

何年生きていても、

何年酒を止めていても、

常に助けられている自分を、

忘れることはないだろう。

感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立