酒に求めていたものでは、絶対に満たされない

グッド★成人の日マンディ★モーニングッ~!

目覚まし時計とかけて、

煙突の掃除屋さんととく、

その心は、

クロック鳴る(黒くなる)ッ~!

ナンチャッテェ~!


只今午前8時半、

近所の遊歩道で、

1時間半セミマラソン中ッ~!

今朝の●●●は、

目覚めに丁度いい

冷たさの浜風が爽やかで、

心に残る快晴ッ~!

いや~、今日は成人の日で、

成人式に向かおうとしている

若者達を何人か見かけた。

俺の飲酒歴は、

16才から22才までで、

22才の時の最後の飲酒は、

連続飲酒で、

危うく、命を落とすとこだった。

そして、その命以外は、

全て失った状態だった。

俺自身、20才の頃は、

仕事がまだできていたから、

仕事の関係で成人式には出なかった。


この頃が、酒を飲んでいた期間の中で、

最もいい、ピークな時で、

20才を境に、仕事を転々とするなど、

人生がドンドン落ちていった。


飲酒を正々堂々と、楽しめる年齢に、

飲酒期間の最もいい、

ピークを迎えていただなんて、

今思えば、おかしな話である。


AAの中にも、シッカリ書いてあるが、

たったこれだけのことでも、

医者や医学の力を一切借りなくとも、

俺自身がアルコホーリクだと、

俺自身で診断が下せる。


今現在のこの瞬間、

飲酒期間の最もいいピークな時と、

AAの12のステップに生き、

酒を飲まなくなって、

最も辛い時とを比べて、

どっちがいいかと聞かれれば、

迷わず後者と答えるだろう。


今、どんなに辛くとも、

今、どんなに幸せであっても、

酒を飲んでいた時に

追い掛けていた幸せを

追い掛けていない限り、

今のほうが絶対にいいと思えるのだ!


酒を飲む時に、

その酒に求めていたものでは、

絶対に、絶対に、俺は満たされない。

ただ、瞬間的に、一時的に、

覚醒されるだけだ。


一昨日の今日を新たにに、

【一杯に手をつけるかどうかを

選べない自分だからこそ、

AAやハイヤー・パワーが

これほど必要なのだ。】

と、書いてあったが、

選ぶ能力がないからこそ、

酒や、酒の代わりではない、

確固たるものを選んでいく、

執行猶予にあることを、

決して忘れてはならないだろう。

感謝だ!

コメント

非コメさんへ

ドンマイッ~~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立