アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド★ハイライト火曜日★モーニング~!

荷物が重いリュックとかけて、

エコととく、その心は、

しょえねェ(省エネ)~!

ニャウ~、ナンチャッテェ~!


只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、昨日は職場で、

これから設計を始める

システムの日程調整を、

お客と、仕入先の間に入って、やった。


よりいいものを、

安く、早く、正確に

供給していく事は、

時に、極めて難しい場合もある。


とはいっても、

人間のやっている事だから、

どんなに能力的に

優れている人でも、限度がある。

その限度手前の、多少余裕のある範囲で、

何とか仕事を受注しようと最善を尽くす。


この流れを絶対に死守する為に、

どんなにお客に罵声を浴びされようとも、

ひたすら、したてに、お願いする形で、

ブレない、ステップ3を使い捲る。


目先の仕事に目が眩み、

できない要求をのんで、

折れてしまったら、

はいつくばる事になり、

ステップ9のスタンスから

外れてしまう。


そういう意味から考えると、

アル中は、酒を飲めと言われたら、

飲まないで、

酒を止めろと言われたら、

飲んじゃうみたいなパラドクスが、

上手く噛み合ったりもする。


要は、宗教で言えば、

キリストの十字架を背負うみたいに、

どんな状況であっても、

AAの方法に従って生きる事が、

極めて肝要かと思う。


昨日の今日を新たにに、

【人間に対する所属感だけでなく、

この世の中の日常的なものに対する所属感が、

このステップ9で私のなかに復元される。

このステップによって、

まず、AAという安全装置から一歩足を踏みだし、

いわゆる「AAの外側」にいる人達と

関わることができるようになる。

それは、私がこの社会の中に戻ろうと思うなら、

足はすくんでも、

取らなければならない行動である。】

と、書いてあったが、

かつての俺のように、

AAミーティングの中では、

偉そうな事を言っておきながら、

健康であるのにも関わらず、

AAの外へ、なかなか出ていけない

仲間は案外多い。


それは、働かないとか、

結婚しないとかという意味でなく、

働いていても、結婚していても、

そこでAAを生きる事が

できていないという意味。。


今は、AAの仲間より、

一般の人達との関わりのほうが、

圧倒的に多い。


ましてや、

アルコホーリクであっても、

より回復しているとか、

より回復していないという

ステータスだけでは生きていけない。


一般人の中にいる時は、

一般人にならなければならない。

絶対にならなければならない。


あくまでも、

俺自身の理解する

神様の範囲の事だが、

もう、

病気だから、

ここまでしかできないという、

ミソッカスは、

まっぴらゴメンだ!


そうならない為に、

神様から、AAプログラムが

与えられているのだと、

信じて疑わない。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。