アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ハードボイルド木曜日★モーニング~! 

苦情電話とかけて、大学の授業ととく、

その心は、どちらも、抗議(講義)でッす~!

ナンチャッテェ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、曇りッ~!

いや~、昨夜は、俺自身が

ステップを手渡される立場で、

アメリカ人の仲間と一緒に、

ステップワークをやった。

お題目は、ステップ4の恨みで、

AAに書いてある通りに沿って、

恨みについてのレクチャーを受け、

ステップ4のやり方を伝えて貰った。

次週までに、恨みのリストの

1番目と2番目のコラムまでを、

過去の全てについて、

書かなければならない。


アルコホーリクにとって、

恨みが、直接的に

飲酒と結び付き易く、

飲酒は死に等しいという

現実を受け入れるには、

ここまでのステップを

どれだけ正直に、正しく、一所懸命、

やってきたかにかかっていると、

強く感じた。


ステップ1、2、3を、

経験者のナビに委ね、

AAに書いてある通りに、

自身の経験もあてはめて、

キチンとおさえていないと、

恨みと飲酒が、

すんなりと結び付かないだろうし、

結び付かなければ、

ただ理解できず、

反発するしかないだろう。


その他、恨みについて、いろんな事を

昨日のアメリカ人の仲間から伝えて貰い、

今まで以上に、恨みの危険性や、

恨みと飲酒の関係を深める事ができ、

ステップ4実践の大きなモチベーションとなった。


今回のステップワークを受けている、

アメリカ人の仲間の提案に従って、

朝と晩の祈りを少しリニューアルして、

不思議と最近、

単に酒を止めてきたというよりも、

俺以外の力によって、

酒を止めさせてきて貰った

という意識が強くなった。


そんな行動も、ステップ4の必要性に、

強く結び付けさせて貰っているように感じる。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する