アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーファスト木曜日★モーニング~! 

うなぎとかけて、ファミレスととく、

その心は、どちらも、

養殖(洋食)ばかりじゃありましェ~んッ!

ナンチャッテェ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、一昨日は、

仕事がチョイと忙しく、会社に泊まり、

明けて昨夜は、

アメリカ人の仲間と一緒に

ステップワークをやった。

お題目は、主に、AAの第4章で、

手渡してくれるアメリカ人の

仲間との対話などを通して、

ステップ2を完結するような形で、

完全に手渡して貰った。


今回も、アルコホーリクの

ベーシックな狂い方や、

祈りの行動など、

いくつものサプライズな

メッセージを伝えて貰った。

次回のステップ3までの1週間、

またまた、課題が出されたので、

その課題に対して、

誠心誠意、真摯に取り組もうと思う。


まだまだ、後のステップがあるわけだが、

イントロの段階でもある今の時点で既に、

自分の古い考えを完全に捨てて、

伝えてくれる仲間の提案に

完全に委ねてやっていくんだという、

誠意や覚悟がないと、

正直、ステップには、

ついていけねえ~なという事を痛感した。


だが、丁度、ステップ3直前のこの段階で、

そんなことを感じられるという事は、

ステップの順番通りに、

キチンと導いて貰っている

ということでもあるだろう。


先日の今日を新たにに、

【埋め合わせを生活の中で実行する。】

と、書いてあったが、

不可抗力であったにせよ、

長い期間、

AAに書かれてある通りの

ステップをキチンと

やれてきてなかった代償は

大きいと感じている。


かに、その長い期間、

ソーバーではあったが、

ソーバーであっても、

苦しむ要因が沢山あったと

認めざる得ない。


キチンと経験者から手渡される形で、

その提案に完全に委ねる誠意を持って、

AAに書いてある通りに、

完全にやるべきなのか、否かは、

正直、意見が大きく分かれるだろう。


だが、完全と、

不完全の両方を

経験してみなければ、

フェアーに、

どちらがいいのかは、

わからない。


それもやらなければ、

絶対に

わからせて貰えないのだ。


そんな当たり前のことが、

ステップだけに限らず、

できていなかった事を謙虚に認め、

自身の私生活の中で使っていくこともまた、

生きた間接的埋め合わせと言えるだろう。


自分の狂った考えを正当化して、

行動に移すことだけでも、

十分に、人も自分も

傷付けられるということは、

決して忘れてはならないことだと

強く感じる。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する