自分の心の傷と、人の心の傷

グッド★スーパーノープロ水曜日★モーニング~! 

モグラ叩きゲームとかけて、

スキューバーダイビングととく、

その心は、モグラ(潜ら)ないと

始まりましェ~ん!ナンチャッテェ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、先日、あるお客が、

俺の会社の若手設計者の

設計に対して、クレームをつけてきた。

内容的には、過去に仕上げた設計の

最終図面を送ってくれと頼んでいたのに、

送っていなかったと、カンカンに怒って、

電話で激怒していた。

単純に、若手設計者は、

忘れていただけで、

クレームをつけられた段階で、

その最終図面を送っても、

お客的には何ら問題はなかった。


勿論、若手設計者も、

俺も、一緒に謝って、

すぐに、その最終図面を送ったわけだが、

別に、不具合を起こして、

費用が発生したわけでもないのに、

そんなに怒るような事じゃねえ~だろと、

しこりが残った。


組織上、その事を社長に報告したら、

「クル~、なんで、あのお客が、

あんなしょうもない事で、

激怒してたかわかるか?」

と、社長に聞かれ、ハッとした。


AAのステップ4の部分に

書いてあるフレーズが、

心に深く突き刺さり、

頭をよぎったのだ。


今日の今日を新たにに、

【AAの中での私たちの

スピリチュアル(霊的)な成長、

感情的な成長は、

成功よりも失敗やつまずきに

よることのほうが大きいのです。】

と、書いてあった。

このフレーズ、

ビルはこう思うの中に書いてあり、

その少し後に、

【私たちは時々厳しい批判を受けることがあります。

~もし批判が正しければ、

彼らに対して自分たちの欠点を認めましょう。

そうすれば、通常、誤解は解けて

お互いに理解し合えるはずです。

私たちを批判する人たちが間違っていたとしましょう。

その場合は穏やかな説得に努めましょう。

その人たちが仮に暴言を吐き続けても、

私たちは---心の中で---彼らを許すことができます。

おそらくユーモアのセンスが役に立つことでしょう。

こうして私たちは、許し、忘れることができるのです。】

と、書いてある。

先日の一件、確かに、

その場だけの事を考えたら、

しょうもない事だ。


だが、もう、それ以前に、

お客の心は傷付けられていて、

小さな落ち度を、

メガクラスの大失敗にしか

受け止められない状況まで、

追い込まれていたのだ。


よくよく思い起こしてみれば、

その若手設計者、

仕事は完璧だが、

融通がきかないところがあったり、

お客の落ち度に対しては、

感情的に突っ込んだり、

それでいて、メールを送ってくれとか、

実務と直接関係ない事などは、

よく忘れて、無意識に

手を抜いたりする傾向にある。


お客にしてみたら、

別にミスをしたわけじゃないから、

言うに言えず、

ズッ~と我慢していて、

先日、とうとう、爆発したという事だった。


社長には、

「クル~、お前さァ~、

そういう事わかってんだから、

自分だけわかって喜んでないで、

若い奴達にも、キチンとそれが、

行き届くようにして、

マジに、お前の責任果たせよ!

自分だけわかって喜んでる

管理職なんか、

組織には必要ねえんだよ!」

と、言われ、重々反省し、

その通りにした。


ステップを実践レベルで知っていたお陰で、

素直にマズかったと思え、

その問題に対するステップ8-9までに、

自然と繋げられただけでも、

救いだと思った。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立