アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーログイン木曜日★モーニング~! 

そろそろ寝ますとかけて、

素うどんととく、その心は、

グッナイ(具ない)~!

厳しいッ~~!

でも、ナンチャッテェ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

スカッと鮮やかな快晴ッ~!

いや~、5月半ばにはいり、

晴天の日も多くなり、

暑くもなく、寒くもない、

爽やかな気候になってきた。

まあ、祈りとも共通する事だが、

そんな気候を多くの人達と

共有できると思うだけで、

平安を感じる。


AAには、今日一日の中で、

適材適所で使い分けて、

やるべき、ステップのメニューが、

具体的に書かれてある。


それは、どんなに幸せでも、

どんなに辛くても、

何年酒を止めていても、

そういう事とは全く関係なく、

やらなければならない。


何故だろうか?

その一つの答えが、

俺自身が、毎朝、毎晩、

言葉に出して唱えている、

AAの中のステップ10の祈りの前の部分に、

【私達のアルコホリズムは治ったのではない。

霊的な状態をきちんと維持するという条件で、

毎日執行を猶予されているだけなのである。】

と、書いてある。


執行されたらどうなるのか?

それは、即ち、死に向かって

爆走し出す事を意味する。

ある人は、数日後に。。

ある人は、数十年後に。。

今まで、嫌になる位、

そういう例を見てきたし、

俺も例外ではない。

ステップの実践を止めれば、

酒を飲む、飲まないの以前に、

神様にとっては、

居ても、居なくても、

どちらでもない

存在になってしまうのだ。


大切なのは、

アルコホリズムは、

絶対に治らない事を

認知し続ける事と、

それを証する行動を

取り続ける事だと思う。


正しいステップに生きていれば、

常に、自分の最悪な状況を、

インスパイア、

インスピレーションする事ができる。

最悪な状況に対して、

それができるから、

最高な状況に対しても、

それができるのだ。


先日の今日を新たにに、

【自分の欠点を第三者に打ち明けることで

期待できるもう一つの大きな報酬は、

---しばしば誤解されている言葉だが

---謙遜である。

---謙遜とは、自分が誰であり

何であるかをはっきり知ることにほかならない。

それなしには人格的な成長を

目指すことはできない。】

と、書いてあったが、

ステップの実践に進む前に、

自分はいったい何者で、

何の為にステップの

実践が必要なのかを、

常に自身に問いただしてみる

必要があるだろう。


そうでないと、

自分の事を

わかっているつもりで、

全くわかっていなかったとか、

本当の自分は、

自分が思っている程、

いい人間でもなければ、

悪い人間でもなかったという

気付きに結び付けて、

ただ、ただ、俺は、アルコホーリクだと

思えないような気がする。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する