アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーサービス水曜日★モーニング~! 

通勤ラッシュの電車内とかけて、

風邪ととく、その心は、

席混み(咳き込み)まッす!

ナンチャッテェ~!


只今午前6時半、

通勤途中の電車内でッす~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いやァ~、昨夜は、

ある仲間の1年の大掃除のステップ5を、

一緒にやらせて貰った。


まあ、1年の大掃除であれ、

ステップ10であれ、

必要に応じて、

ステップ4から9までを実践する事は、

そのタイミングや、やり方を

忘れないという意味でも、

非常に重要といえる。


単純に、

ステップ4の3番目のコラムである

傷付けられたものの種類とか、

4番目のコラムである

性格上の欠点の種類くらいは、

魂の中に叩き込み、

死んでも忘れない位の

神様に対する忠誠も必要だろう。


自分が神様を忘れてしまったら、

神様にしてみれば、

手の打ちようがない。


だから、せめて、

神様の望む行為や言動を持って、

神様と同化し、

神様を忘れないといった、

神様に対する思いやりも必要だろう。


先日の今日を新たにに、

【ステップ4を書きながら自分に目を向けることをしたとしても、

自分が誰かに対して犯した過ちをうまくごまかすのは簡単なことだ。

なぜなら、自分が不当な行為を受けたのだから

それで「おあいこ」だと片付けられるからだ。】

と、書いてあった。

何年か前に、

AAに書いてある通りのステップを

アメリカ帰りの日本人の経験者に手渡され、

それを生きるようになり、

初めて1年の大掃除たる、

1年分のステップ4から9までを、

アメリカ人の経験者と一緒にやって貰った。


勿論、その仲間から

ステップ1から12までを手渡して貰う過程で、

その1年の大掃除たる、ステップ4から9までをやり、

その仲間からの提案全てには、

完全に委ねるという最低限の底付きと、

最低限の礼儀を保った上で、やらせて貰った。


その中で衝撃的な気付きがいくつかあった。

特に、直接的埋め合わせと、

間接的な埋め合わせの

コンビネーションには、

マジにカルチャーショックを受けた。


例えば、誰かにバカヤローと言われ、

そのバカヤローが、

明らかに理不尽であった場合、

どうするか?


これは以前も書いたが、

ステップに生きる以前は、

誰かにバカヤローと言われ、

それが完全に理不尽なら、

そんな事を言うお前が

バカヤローと言い返していた。


だが、ステップを手渡してくれた仲間的には、

神様的に、それはNGで、

たとえ自分が、

理不尽にバカヤローと言われても、

バカヤローと言い返したら、

その相手に自分の側の掃除として、

直接的に謝罪しなければならないとのこと。。


じゃあ、どうするのか?

その仲間曰く、

誰かに、理不尽にバカヤローと言われたら、

シンプルに、

「私は、馬鹿じゃありません。」

と、伝えればいいと提案された。


それを日常生活で使うようになってから、

人の感情に対して、

依存と支配のモードで

反応する事が激減したような気がする。

感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する